Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

SOCPのCQBトレーニング用スーツ 

SOCPのCQBトレーニング用スーツが公開されました。
このCQBスーツはSOCP創始者グレッグ・トンプソン氏によるデザインで、SOCPの激しいトレーニングでも耐えられる上に動きの妨げにもならないという優れモノ。

SOCPのCQBトレーニング用スーツ

部分的に水洗いもできるそうです、お値段は一式揃って1,717.82ドル。
スーツ自体を製作しているのはSOCPと協賛しているタクティカルギアメーカーLBT(ロンドンブリッジトレーディング)ですから結構しっかりした製品になっているのではないでしょうか!?
こちらSOCPという組織はアメリカ陸軍で認定されいてるCQB技術を提供している会社なんですけど、実戦的なトレーニングをすることでも有名です。
日本は未入荷ですがベンチメイドやスパルタンブレイドから発売されているCQBツールっていうダガーナイフはSOCPと協賛で製作したのだとか。
生徒はアーマーを着こんだ状態で参加し、空砲が鳴り響く中相手を組み合いながら銃やナイフで制圧する技術を学ぶことができます。
軍隊はヘルメットとアーマー着込んで戦う訳ですから、SOCPのようにこの状態で使える技術を養わないと意味が無いわけです。
徒手格闘だけでなく相手と密着した状態での発砲技術も学べるのでかなり軍隊向けの技術ですね、ボディーガードや護身術とはずいぶん異なる内容でしょう。
Youtubeに公式チャンネルとかありますからCQB興味ある人は動画見てみると参考になりますよ♪

特殊部隊の近接戦闘マニュアル DVD BOOK (宝島社DVD BOOKシリーズ)
新品最安価格:¥ 980 (1店出品)
レビュー平均:2.02.0点 (4人がレビュー投稿)
5.05.0点 値段も安く、予想外に良かった!
1.01.0点 つまらない。
1.01.0点 近接戦闘マニュアルと呼ぶには程遠い内容
出版日:2013-02-05
出版社:宝島社
関連記事
スポンサーサイト

category: 軍隊格闘術・CQC

CM: 0 TB: 0   

戦争映画「沈黙の戦場」のDVDレビュー 

戦争映画「沈黙の戦場」のDVDレビュー致します、沈黙の○○ってタイトルの所為でセガールが脳裏に鎮座してどこうとしてくれませぬ(ノД`;)
沈黙の戦場(原題ZIVI I MRTVI/THE LIVING AND THE DEAD)は2007年の作品なんですが劇場未公開作品でしてDVDで拝見いたしました。
戦闘の続く1993年ボスニアと1943年ボスニアの戦場で戦った祖父と孫を1つのシガレットケースを通して描いていくという感じの映画です。
新しくコソボの作戦本部にやってきた兵士イヴォが来たことをきっかけに部隊を狩猟小屋での任務に就かせることになります、そこはセルビアとの最前線に当たる場所。
この場所は1943年、登場人物の一人トモの祖父もかつてこの場所で家族を亡くした隊員フェリドを気遣いながら共産党グループの殲滅のために戦っていたのでした。
イヴォを含めた狩猟小屋に到着したその日の夜、眼下に広がる市街では既に戦闘が始まっています、本部が撤退することを受けて彼らも撤退することとなります。
奇しくも祖父が戦ったのと同じ場所で戦闘を経験することになるトモ、祖父の部隊が全滅した墓地平野の恐怖を体験することになるといったストーリー、祖父と孫の生きた戦場をリンクさせ交互に物語が展開していくといった映画でした。

二つの時代を交差するという作品だったんですけれども、別にそれが何かを意味していたり特別なエンディングにもっていくという映画ではありませんでした。
もうチョットストーリーに捻りが欲しかったですね。
サバゲーマニアの気になるアクションシーンに関してですが、戦車や戦闘ヘリなどは出てこずに戦闘シーンはド派手な銃撃戦というよりは小競り合いがず~と続くような映画でした。
キャストが少ないせいもあるとは思うんですけどね、少数の部隊が撤退するという物語の性質上これは仕方が無いと思います。
使用していた銃火器はFN-FAL、AK47、ベレッタM9、トカレフtt-33、MG42、ワルサーP38などなどの東欧圏の銃火器が中心でした。
銃撃戦もこれといって述懐するほどのシーンは無かったかな?
戦争映画なんでもっと儚く激しく命を削るようなシーンがあれば面白かったんですけどね、B級ではないんでしょうけど残念な作品ではあります。
なんでも良いから戦争映画が見たいと言う人は一度御観賞あれ。



沈黙の戦場 [DVD]
新品最安価格:80%OFF ¥ 1,000 (2店出品)
売上ランク:7105位
レビュー平均:4.04.0点 (1 人がレビュー投稿)
4.04.0点 なかなかです。
発売日:2010-03-10
メーカー:アルバトロス
出演:フィリップ・ソヴァゴヴィッチ ヴェリボール・トピッチ スレイヴン・クネゾヴィッチ マリンコ・プルガ ボルコ・ペリッチ
時間:88(分)
関連記事

category: アクション映画、ミリタリー映画

CM: 0 TB: 0   

デストロ246に登場したナイフ「マスターオブディフェンスCARACARA」を御紹介 

デストロ246に登場したナイフ「マスターオブディフェンスCARACARA」を御紹介します。
デストロ246は2012年第1巻が発売された高橋慶太郎氏の新作、高校生の女の子が殺し合いまくるというストーリーなのですがヨルムンガンドとは違い女の子を中心としたストーリーが展開されてゆくそうです。
その中の登場人物の1人である的場伊万里がマスターオブディフェンスCARACARAをエレベーターで使用しております。

マスターオブディフェンスCARACARA1

マスターオブディフェンスは2000年ぐらいに結構流行ったナイフメーカーなのですが、タクティカルギアメーカーであるブラックホーク社に買収され現在では安価な刃物を大量生産するという立場になっております。
その当時販売していたモデルの中でも特に高価だったのがこのマスターオブディフェンスCARACARA、CPMS30Vスチールを使った4ミリ厚のブレードとチタン製ハンドルという高級マテリアルを使用した鎌状のナイフ。
以前ガーラという名称でブラックホーク社から販売されておりましたが廃盤しております、より安価なマテリアルと操作性の高いデザインへ変更したガーラ2が現在では流通してるみたいです。
サバゲー仲間のT君は伊万里が使ったのはブラックホークのガーラだと思っているようでしたが大間違い!
デストロ246第1巻のP96~97に伊万里が使っているのを見ると分かりますが、ゴム素材と思しきパーツがハンドルに付いています、ブラックホークタイプはG10ハンドルでしたのでコレが付いてないわけです。
さらにマニアックな事を言えばブレードのロゴも違うのですよ、良く見てもらえれば分かるはずです。
そう言えば的場伊万里はこの他にもエマーソンのブルノーズカランビットも使用しております。

さて上記画像に映っているマスターオブディフェンスCARACARAはかなり前に購入した私物でございます。
かなりカッチリした造りとなっておりまして気に入ってはいたんですけどね、握り辛い上に操作し辛いという特徴がありましてチョット指のお肉を持っていかれてしまったのです(ノД`;)
なので我が家ではお蔵入りとなった刃物なのです、写真撮るのに久しぶりに出してまいりましたが相変わらず鋭いナイフですね♪

マスターオブディフェンスCARACARA2

画像をご覧の通りハンドルの中に手が収まることがありません、無理して握ろうとすると必ず指に負担が生じてしまいますのでブレードの根本に指を載せなければいけないのです。
コレで使用していて肉持ってかれたんですよねぇw

マスターオブディフェンスCARACARA3

以前紹介しましたエマーソン(EMERSON KNIVES)のフォルダー「P-SARK」とサイズを比較してみました、同じフックブレードながら随分と印象が異なります。
CARACARAは小さいくせに結構ゴツゴツしているからなんですかね?その上チタン製で厚みがあるフォルダーですので重いし。
エマーソンP-SARKのようなシャープで軽やかな操作性のあるナイフに慣れると使ってみたい刃物では無くなります。
伊万里のように小柄な女の子だからこそ使える刃物なのかもしれませんね♪

余談ですけどカランビットなどを含めたフックブレードのナイフは相手をえぐる様に斬ることが出来ると思ってらっしゃる方がいらっしゃいますが、とんでもない誤解ですよ。
相手が素っ裸なら理解できますが人間は服を着ていますからね、フックブレードの類は服に引っ掛かりやすく動きが止まる危険性がかなり高いんです。
敵がジャージを着ているなら分かりますが、戦闘となるとサバゲーでも使われる頑丈な1000デニールのチェストリグを着たりしていますし、私服でもデニム素材の商品を利用した服着ている人多いと思うんですけどね。
BDUやコンバットパンツも頑丈なのが多いですし、腹部もベルトを巻いている可能性があるし、刺すなら分かりますけどフックブレードで斬るとなると疑問が湧いてまいります。
湾曲したフックブレードは切っ先が下を向いているので真っ直ぐ刺せません、多分首か指ぐらいしか狙う所ないんじゃないかなぁ?
不純な動機でナイフ選ぶといざって時に大変な目に合うもんです、命預けるもんですからデザインではなくちゃんと用途を考えながら購入することをオススメしておきます!

デストロ246 1 (サンデーGXコミックス)
定価:¥ 560
新品最安価格:¥ 560 (2店出品)
レビュー平均:4.14.1点 (28人がレビュー投稿)
4.04.0点 アハハアハハ、ハイー!?(シャァァ)
4.04.0点 まさに” 死屍累々 ”
5.05.0点 期待値大幅越え!
発売日:2012-10-19
メーカー:小学館
作者:高橋 慶太郎
関連記事

category: タクティカルナイフ

CM: 0 TB: 0   

新進気鋭、OTGタクティカルホルスター 

OTGタクティカルホルスターを御存知でしょうか?最近ちょくちょく海外のシューターが使っているのを目にするカスタムカイデックスホルスターを製作している会社なんです。
(フランスのゴーグル作っているOTGとは別の会社)

OTGタクティカルホルスター

デザインはRCSに非常に酷似しているハンドガンやマガジンなどの装備のコンシールメントを目的としたパンケーキタイプデザインになっているんですけど、ベルトループタイプだけでなくレッグホルスター用のSIDEWINDER SERIESやMOLLE対応のIWB ADR MKIなどその人の戦術に応じた豊富な商品を展開しているんです。
特に気になったのがオプションでホルスターのカラーを選択できるんですけど、マルチカムとかデザートデジタルの選択が可能なんです。
画像の質感を見た限りですけどカイデックスの上から塗装をしているのではなく何か貼り付けているのではないかな?という印象があります。
また用途は分かりませんがヘキサゴンカットというのを選択することもできるようです。
上記画像のようにホルスターのサイドに六角形の切れ目の様なものを入れるようですが実戦だと衣類が引っかかりそうです、一体何の役に立つのやら。
非常に面白いホルスターのメーカーなんですけど残念ながら日本での取扱はまだ行われておりません、しかし日本への発送へは対応してくれるようですので個人輸入してみたいサバゲー愛好者様はオーダーしてみてはいかがでしょう!?

【安定のマルチカム迷彩】DYTAC ウォータートランスファーCQBホルスターMC迷彩★SIG P226 ★東京マルイP226シリーズ(DY-WT11-MC)
定価:¥ 6,000
新品最安価格:40%OFF ¥ 3,600 (2店出品)
メーカー:DYTAC
概要:対応:グロック17/19/22/23 ※水転写なので同じ柄は存在しません。ひとつひとつ模様が違います。 実銃サイズ寸法(※東京マルイ・KSC 非対応)
色:マルチカム
関連記事

category: サバゲー装備品

CM: 0 TB: 0   

オーディナリー±のデスクトップ壁紙 

オーディナリー±のデスクトップ壁紙です。
オーディナリー±は女子高生のヒットマン伊万里が活躍するアクション作品、高橋慶太郎先生のデビュー作であり現在サンデーGXで絶賛連載中の「デストロ246」ともリンクする作品です。
今回掲載いたしましたのはオーディナリー±の表紙に使われていた主人公伊万里がサイレンサー付きベレッタM9持った画像、以前サンデーGXさんでダウンロードいたしました。
友人が画像を欲しがっていたんですが、現在ダウンロードリンクが無いようですので欲しい方のために当サイトでUPしてみました。
壁紙のサイズは1024×768となっております、ファンの方は是非どうぞ。

オーディナリー±

オーディナリー± (サンデーGXコミックス)
定価:¥ 560
レビュー平均:4.44.4点 (7人がレビュー投稿)
4.04.0点 高橋慶太郎氏のデビュー作です。
4.04.0点 絵が好みなら
5.05.0点 確立以前の視線に魅力を感じる
出版日:2007-11-19
出版社:小学館
作者:高橋 慶太郎
関連記事

category: ミリタリー漫画、戦術書籍

CM: 0 TB: 0