Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

ストライクバック「ニューデリーホテル人質解放作戦」DVDレビュー 

ストライクバック「ニューデリーホテル人質解放作戦」DVDレビュー、今回はようやく待ちに待ったこの作品を御紹介します!
実はこの作品、リチャード・アーミテージ主演の「ストライクバック反撃のレスキューミッション」とは若干異なる趣の作品でした。
映画「ホビット」の影響でリチャード・アーミテージがチョイ役でしか出ないだけではなく、製作はアメリカのケーブル局HBOが担当。
内容も過激なバイオレンスや性描写がふんだんに入っていることからなんとR15+指定されております。
設定はセクション20と言われる対テロ組織に属するメンバーの活躍が描かれており、元英軍ストーンブリッジと元米軍スコットとのマッチョなデコボココンビが世界の様々な場所でテロリストを駆逐すると言った内容です。
アメリカが製作しただけあって特攻野郎Aチーム的な仕上がりとなっておりますので、お子様以外どなたでも楽しんでご覧いただけるのではないでしょうか!?

謎の人物ラティーフが遂行しているプロジェクト「ドーン計画」を突きとめるために単身組織に潜入していたポーター(リチャード・アーミテージ)が敵に拉致されたことが判明。
セクション20はストーンブリッジとスコットを現地に派遣し、元デルタフォースでありラティーフを見たことがある数少ない人物ダミアンに協力を要請。
彼らはラティーフの潜伏場所がインドであると突き止め、首都ニューデリーに潜入するがそこで武装集団からの攻撃を受けてしまう、といったストーリー。

ぶっちゃけよく出来てます、金掛かってます♪
もう殆ど映画ですね、下手なB級映画より出来栄えが良い!
前後篇で1本構成になっていて、シーズンを通してラティーフを追跡していくって感じです。
まず銃撃戦ですけど、なかなかよく出来てます。
ルームクリアリングとか、バリケードポジションとかロウライトテクニックとかサバゲーファンが見ても納得の出来栄えではないかと❤
格闘シーンやカーアクションもあるのでアクションドラマやアクション映画が好きな方がご覧になっても満足いただけると思います。



ストライクバック<ファースト・シーズン>コンプリート・ボックス [DVD]ストライクバック<ファースト・シーズン>コンプリート・ボックス [DVD]

フィリップ・ウィンチェスター,サリヴァン・ステイプルトン

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
価格:¥6,917通常配送無料
Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト

category: アクション映画、ミリタリー映画

CM: 0 TB: 0   

高いコストパフォーマンスを誇る「Aimpoint Carbine Optic」 

高いコストパフォーマンスを誇る「Aimpoint Carbine Optic


ドットサイトの大手メーカーエイムポイントより高いコストパフォーマンスを誇る「Aimpoint Carbine Optic」が発売となります。
エイムポイントと言えば名器M2、M3等が挙げられますね、マグプルダイナミクスでクリス・コスタ、トラヴィス・ハーレイがM4に取りつけていたことでも有名ですね。
エイムポイントのドットサイトは省エネ設計でして、スイッチ入れっぱなしでも2~3年はバッテリーが持つのでイザと言う時にバッテリー切れを起こして照準合わせられないっていうミスが起こらないことでも有名。
Aimpoint Carbine Opticはアルミ合金製ボディでレンズ径は30mm、完全防水、CR1/3Nリチウム電池×1で1年間の連続点灯が可能。
AR15のアブソリュート・コウィットネスマウントが付属しているので箱を開いたら即自分のプライマリーにマウント可能です。
希望小売価格は393ドル、発売時期は10月半ばから後半を予定。
ミリタリー向けの商品では無くスポーツシューティングでの使用を念頭に設計されているようですね。
これならわざわざヤフオクで放出品買わなくて済みそうですね♪
Aimpoint Carbine Opticはサバゲーユーザーだけでなく標的射撃している方にもオススメしたいドットサイトです。

Aimpointタイプ T-1Red Dotレプリカ (ルビーコーティングレンズ使用)&LT660タイプハイマウントAimpointタイプ T-1Red Dotレプリカ (ルビーコーティングレンズ使用)&LT660タイプハイマウント

militarygarage

価格:¥ 9,680
Amazonで詳しく見る
関連記事

category: ミリタリーニュース

CM: 0 TB: 0   

ジャーヘッド2 奪還(原題:Jarhead 2:Field Of Fire)11月6日レンタル開始 

戦争アクションの第2弾、「ジャーヘッド2 奪還(原題:Jarhead 2:Field Of Fire)」が11月6日レンタル開始となります。
キャストはジョシュ・ケリー、ジョシュ・ケリー、スティーヴン・ラング、イーサイ・モラレス、コール・ハウザーなどなど。
監督は「奪還アルカトラズ」の監督ドン・マイケル・ポールとなっております。
ジャーヘッドつまり海兵隊を主人公にした作品です。
経験の浅いリーダーが率いるチームが物資運搬中に特殊部隊からある女性の身柄の護送を依頼される、彼女はアフガンの女性人権活動家でタリバンの標的とされている人物だった。
チームは彼女の護送中、次々とタリバンに襲撃されてしまう。
チームは女性人権活動家を制限時間内に基地へ連れて行く国外へ脱出させようと試みるというお話。
ジェイク・ギレンホール主演の「ジャーヘッド」の続編っぽい作品なんですけど、話自体の繋がりは無いと思います。
低予算で製作されたいわゆるB級映画ってやつですね、しかし爆破や派手な撃ち合いが多いのでサバゲーマニア向けの作品に仕上がっているのではないでしょうか!?




ジャーヘッド2 奪還 [DVD]ジャーヘッド2 奪還 [DVD]
ジョシュ・ケリー,スティーヴン・ラング,イーサイ・モラレス,コール・ハウザー,ボキーム・ウッドバイン,ドン・マイケル・ポール

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2014-11-06
価格:¥ 2,536 通常配送無料

Amazonで詳しく見る

関連記事

category: アクション映画、ミリタリー映画

CM: 0 TB: 0   

1973年に発生したイスラエル空軍VS北朝鮮空軍によるドッグファイト 

1973年に発生したイスラエル空軍VS北朝鮮空軍によるドッグファイト

イスラエルの英字新聞『The Jerusalem Post』は10月7日付けの記事の中で、1973年にイスラエルと北朝鮮の戦闘機が交戦したというエピソードを紹介しているそうです。
この時期は第四次中東戦争と呼ばれるイスラエル、エジプト、シリアなどの中東アラブ諸国との間で行われた戦争、最終的にはイスラエルがシナイ半島返還に合意し、エジプトとの平和条約が締結されて停戦されました。
記事で紹介されているドッグファイトですが1973年10月18日、第4次中東戦争の真っ最中に発生したものと考えられております。
イスラエルの戦闘機がスエズ運河の近くで、約30機もの北朝鮮のMiG-21と遭遇、ドッグファイトに入ったというもの。
短時間の戦闘の末、イスラエル、北朝鮮とも被害などは出なかったそうです。
当時イスラエル国防相はMiG-21のパイロット達が朝鮮語を使うと発表し、これを北朝鮮は否定していたそうです。

しかし、なんで北朝鮮がスエズ運河に!?
実は第四次中東戦争は中東アラブ諸国によるイスラエルへの先制攻撃が行われたのですが、このとき北朝鮮は軍事顧問団と戦闘機のパイロットをエジプトに派遣していたそうです。
北朝鮮はソビエト連邦より長距離弾道ミサイルの提供を拒否されていたんだそうですが、終戦後見返りとしてスカッドミサイルをエジプトより提供されていたんだそうな。
これにより北朝鮮は米国を攻撃できる武器を手に入れてしまったわけですね。

第二次朝鮮戦争ユギオII・前編第二次朝鮮戦争ユギオII・前編
小林源文,金田康太郎,前野とも子

ゲンブンマガジン
新品:1,261円

Amazonで詳しく見る
関連記事

category: ミリタリーニュース

CM: 0 TB: 0   

そこまでするの!?韓国人の徴兵回避 

そこまでするの!?韓国人の徴兵回避

徴兵制が施行されているお隣韓国ですが、韓国紙・世界日報によると今月10日の国会質問で徴兵逃れが深刻化していることが提起されたそうです。
徴兵を回避しようとあの手この手を駆使している方が多いらしく、過去5年間でなんと178人が摘発。
実はその方法と言うのが常軌を逸しているんですよね( ̄Д ̄;;
自分のチ○コや指を切りったり、精神障害を偽装するなど…etc
なんでそこまでって話になるんですけど、実は原因の一つと言われているのが近年問題となっている軍隊内部でのいじめ。
韓国陸軍の調査によると今年4月だけで3900件以上ものいじめがあったらしく、韓国紙・中央日報によると毎年70人前後の兵士が自殺しているんだとか!?

コレに関しては他人事とは思えませんよね~。
我が国日本でもつい先日横須賀基地に配備されている護衛艦所属の男性隊員が、昨年10月以降に男性1等海曹(42)から繰り返し暴行などのいじめを受け、今年に入って自殺したとの発表がありました。
たとえ部下への教育とは言え国のために戦おうとしている若者に対して暴力を振るうとは一体どういうことなんでしょうか?
部下という存在の認識を改めるということをしないとこういう事件はどんどん増える一方な気がしますけどね。

韓国徴兵、オレの912日 (講談社+α文庫)韓国徴兵、オレの912日 (講談社+α文庫)
チュ チュンヨン

講談社
売り上げランキング : 325876

Amazonで詳しく見る
関連記事

category: ミリタリーニュース

CM: 0 TB: 0