Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

エドワード・ルトワック著/奥山真司訳「戦争にチャンスを与えよ(文春新書)」レビュー 

エドワード・ルトワック著/奥山真司訳「戦争にチャンスを与えよ(文春新書)」レビュー

4月21日に発売されたエドワード・ルトワック著/奥山真司訳「戦争にチャンスを与えよ(文春新書)」のレビューです。
コリン・グレイ、マーチン・ファン クレフェルトと並び、世界三大戦略思想家と言われているのがエドワード・ルトワック。
そのルトワックのこれまでの講演、インタビュー、論文をまとめた構成となっております。
Amazonの軍事入門カテゴリで堂々一位にランクイン(2017年4月28日現在)、発売初週で増刷が決定しているとのこと。
売れ行きも好調のようですね。

中身としては以下の通り。

1.自己改題「戦争にチャンスを与えよ」
2.論文「戦争にチャンスを与えよ」
3.尖閣に武装人員を常駐させろ
4.対中包囲網の作り方
5.平和が戦争につながる
6.パラドシカル・ロジックとは何か
7.「同盟」がすべてを制す
8.戦争から見たヨーロッパ
9.もし私が米国大統領顧問だったら
10.日本が国連常任理事国になる方法

サバゲーファン、ミリタリーマニアでなくても一般教養があれば十分理解可能な内容なので内容は十分に把握できると思いますが、私は以前紹介したクラウセヴィッツの「戦争論」に通じる内容も含まれていたので、理解し辛い部分が無くさらさら読み通すことが出来ました。
中身としましては尖閣問題、安倍政権、北朝鮮問題など日本の読者向けに語ったものが大半を占めており、日本人が読んで耳の痛い話も多々御座います。
ですが個人的見解としては今日本に住む人全員が読むべき国防論に関する本ではないかなと思います。
翻訳に携わっている奥山氏はYouTubeに公式チャンネルもある方なのでそちらをご覧になると本書「戦争にチャンスを与えよ(文春新書)」の理解がより深まりますよ。

戦争にチャンスを与えよ (文春新書)戦争にチャンスを与えよ (文春新書)
エドワード ルトワック,Edward N. Luttwak,奥山 真司

文藝春秋
新品:864円

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト

category: ミリタリー漫画、戦術書籍

CM: 0 TB: 0   

SFミリタリーアクション漫画 神堂潤「redEyes/レッドアイズ(講談社)」レビュー 

レッドアイズ

SFミリタリーアクション漫画 神堂潤「redEyes/レッドアイズ(講談社)」というミリタリー漫画をご紹介いたします。
私がまだ学生のころから連載している長編作品でして、ずいぶん長い間愛読しております。
現在21巻まで発売、現在単行本描き下ろし刊行中。

舞台は近未来、多目的軍事衛星レーザー兵器オビターアイズにより高高度の空での行動が封じられた世界。
レギウムとドラグノフという二国間の戦争が終結するところから始まります。
大戦中の英雄グラハルト・ミルズ大尉通称ジェノサイド率いるレギウム軍SAA(パワードスーツみたいなもの)特殊部隊ジャッカル。
レギウムからは救世主、ドラグノフからは死神と恐れられていた。
しかし部下であるクレイズ中尉の裏切りによりミルズ大尉は反逆者の汚名を着せられることに。
反逆者として捕らえられたミルズ大尉は死刑執行の日、海兵隊憲兵特務班を皆殺しにして脱獄に成功。
自分を貶めたジャッカルの隊員たちに復讐していくというストーリー。

redEyesの魅力はまずその世界観にあります。
まるで本物の戦争史を見ているかのように綿密に作り上げられており、両軍の戦略、戦術、兵站がリアルに描かれております。
読者が知らないところでその作戦は終わってましたよって感じの作者や編集の都合で省略されることなく、戦争開始から終結に向かって一つ一つの作戦が丁寧に作られているので読み応え十分。

また、ミリタリーアクションというだけあってものすごい銃撃戦が展開されております。
SAAを駆使した高機動な戦闘、SAAを脱いだクラダー(中身の軍人)の白兵戦、無人機による局所戦闘などなど迫力満点です。

SF!、アクション!、ガンアクション!、ロボ!、ミリタリー!大好きな要素がてんこ盛り♥
戦記物が好きなサバゲーマニア諸兄は必見です。

redEyes(21) (KCデラックス 月刊少年マガジン)redEyes(21) (KCデラックス 月刊少年マガジン)

神堂 潤

講談社
新品 586円

Amazonで詳しく見る
関連記事

category: ミリタリー漫画、戦術書籍

CM: 0 TB: 0   

HSGI(High Speed Gear inc)/ハイスピードギア社がカイデックスホルスターを発売 

hsgi holster owb


米国のタクティカルギアメーカーであるHSGI(High Speed Gear inc)/ハイスピードギア社が同社初のカイデックスホルスターを発売しました。
名作TACOポーチなど今までナイロンギアを中心に商品を展開してきたHSGI、今回初のカイデックスのみの製品となっております。
発表されたホルスターはM&P、グロックに対応するカイデックス製のOWB(Outside the Waistband)ホルスター。
この手のホルスターはすでに飽和状態と言っても過言ではありませんので、どのような商品展開をして差別化を図っていくのか期待したいところです。
価格は79ドル、カラーはコヨーテ・ブラック・グレイなどが展開するとのことです。
国内でも早くも取り扱いのサバゲーショップが増えてきているようです、1万円程度で流通しているみたいですね。

HSGI ACCESSORY メンズ 41.5"HSGI ACCESSORY メンズ 41.5"

新品:17,992円
High Speed Gear

Amazonで詳しく見る

関連記事

category: ミリタリーニュース

CM: 0 TB: 0   

ストライダーナイヴズ/Strider Knives incがファクトリーモデル生産終了の発表 

striderタラーニカランビットHS1

元軍人が手掛ける堅牢が売りのナイフメーカーであるストライダーナイヴズ/Strider Knives incがファクトリーモデル生産終了の発表しました。
CEO(?)のミック・ストライダーが自身のインスタグラムで明かしたらしく、今後はカスタムナイフ路線へ移行することです。
ストライダーナイヴズ社はミック・ストライダー、ドゥエイン・ドゥワイヤーなど退役軍人が理想とする頑丈なナイフを作ろうと起こしたナイフメーカー。
長谷川 朋之著「格闘ナイフ―華麗なセルフディフェンステクニックの解説と最新のタクティカルナイフを一挙公開!(三天書房)」でも紹介。
最初期のモデルはATS-34鋼を採用し、ブロックやシャッターにナイフを何度もぶつけて高い強度を披露してました。
最初期のモデルは国内では10万円程度で流通していたのを今でも覚えております。
その後量産体制が整い、採用する鋼材もS30Vなどを使用、国内での価格もモデルによっては5万円程度とかなり安定し、デロ・ボゥキイとのコラボモデルDBはアメリカの法執行機関にも採用されり、ゼロトレランスとコラボしたりと結構実績があったんですけどね。
今後国内外での既存モデルの取引価格が上がる可能性が考えられます、今検討している方は後悔しないうちに購入してみてはいかがでしょう!?

Zero Tolerance 0350TSST [ボーナスパック]Zero Tolerance 0350TSST [ボーナスパック]

Zero Tolerance
新品:29,990円

Amazonで詳しく見る

関連記事

category: タクティカルナイフ

CM: 0 TB: 0   

カール・フォン・クラウセヴィッツ著「戦争論レクラム版(芙蓉書房出版)」レビュー 

クラウセヴィッツ 戦争論

本日は少々変わり種の書籍をご紹介いたします。
サバゲーファンでもこれをご覧の方はなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか!?
それがカール・フォン・クラウセヴィッツ著「戦争論」、ご存知の方は少ないかと思います。
「戦争論」の著者カール・フォン・クラウセヴィッツはプロイセン(今のドイツ)の軍人かつ軍事学者で、「戦争論」はクラウセヴィッツが生前書き残した未完の作品。
この「戦争論」は欧米の国防機関ではよく研究されており、レーニン、エンゲルスも愛読していたそうです。
日本では軍医であり文豪でもある森鴎外が広めたとされておりますが、そのぐらい前から日本にあるのに知名度が低いのは大変残念。
日本の自衛隊でも「戦争論」読んでいる方は少ないそうで、在日米軍なんかは自衛官が「孫氏の兵法」読むのに「戦争論」知らないことに大変驚くそうです。

戦争論は8章から成立しております。

1章 戦争の本質について
2章 戦争の理論について
3章 戦略一般
4章 戦闘
5章 戦闘力
6章 防御
7章 攻撃
8章 戦争計画

クラウセヴィッツは戦争という現象を政治の延長ととらえていおり、暴力装置と考えていないのが特徴ですね。
如何に勝つかではなく、戦争って何!?って感じの内容です。
戦争に関する古典のようなものなので、古い戦術も記載されており現代では使えないよって方もいらっしゃるかもしれません。
しかし核を容易に使えない現代の通常戦争にとってクラウセヴィッツの三位一体(軍隊、政府、国民=理性、情熱、機会)の重要性が改めてられてきております。

さて、このカール・フォン・クラウセヴィッツ著「戦争論」ですが今までいろいろな出版社から販売されておりました。
しかし翻訳の都合で内容が理解し辛い、または誤読も少なくありません。
私は日本クラウセヴィッツ学会が訳した「戦争論レクラム版(芙蓉書房出版)」がお勧め、非常に理解し易くクラウセヴィッツビギナーにもとっつきやすい内容になっております。

戦争論 レクラム版戦争論 レクラム版
カールフォン クラウゼヴィッツ,Carl Von Clausewitz,日本クラウゼヴィッツ学会

芙蓉書房出版
新品 3,024円

Amazonで詳しく見る
関連記事

category: ミリタリー漫画、戦術書籍

CM: 0 TB: 0