Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

FireControlUnit社よりSIG320用コンバージョンキットが登場 

SIG320コンバージョンキット

FireControlUnit社よりSIG320用コンバージョンキットが登場しました。
コンバージョンキットとはハンドガンをカービン化することが出来る商品、ハンドガンのコンバージョンキットとしてはCAA社のRONIとか日本のサバゲーマーの間でもメジャーですよね!?
FireControlUnit社より登場したカービンキットX01は米軍に採用が決定されたばかりのSIG320用のインナーフレームを交換することで換装することができるようです。
そのため他のコンバージョンキットとは異なり多少の分解組み立ての知識が必要な様子。
X01自体は他のコンバージョンキットよりもより近代的と申しますか近未来的と申しますか、エルゴノミックな流線型の美しいフォルムをしております。
この手のデザインは引っかかる部分が少ないので取り回しがし易いのが特徴ですよね。
伸縮ストック、上部レールを完備しており、市街地などでの扱いやすさが期待されます。


関連記事
スポンサーサイト

category: 銃火器

CM: 0 TB: 0   

ジョニー・ストロング主演「ルール無法都市」続編が近日撮影開始 

ルール無法都市2


日本のサバゲーファンの間でカルト的人気を誇るアクション映画、ジョニー・ストロング主演「ルール無法都市(原題:Sinners and Saints)」が今年の冬よりブルガリアで続編を撮影開始すると主演のジョニー・ストロングよりアナウンスがありました。
タイトルは「Sinners and Saints:Vengeance」、なんとアクションスターのスコット・アドキンス(エクスペンダブルズ2)も出演するとのこと。
ロシアを舞台にニューオーリンズの警察官ショーン・ライリー(ジョニー・ストロング)が軍人時代の友人(スコット・アドキンス)の手を借りて恋人を奪還するというストーリー。
現在ルール無法都市はフランチャイズ化も計画されているとのことです。
脚本はチャド・ローとジェイ・モーゼスが担当するようです。

ルール (無法都市) [DVD]
アメイジングD.C. (2012-06-06)
売り上げランキング: 58,220


関連記事

category: アクション映画、ミリタリー映画

CM: 0 TB: 0   

オールウェザーノートブック(耐水メモ帳)レビュー 

オールウェザーノートブック1

サバゲー小物として先日手に入れましたのがコチラのオールウェザーノートブック、耐水メモ帳なんて呼ばれたりもするそうな。
このオールウェザーノートブックはアメリカ軍へ納入実績があり、雨や水の中など水気の多い場所で活躍してくれる防水性の高いメモ帳です。

今回はTANカラーを購入、他にもODカラーが存在しております。
もちろん米国製。
材質はポリプロピレンを採用しているとのことです。

オールウェザーノートブック2

実際に文字を書いてみました。
上から油性マジック、フリックスボールペン、鉛筆となっております。
ちょっとツルツルした書き心地ですね、紙に慣れている人には多少の違和感がございます。
薄い樹脂の板に文字を書いているという感じですね。
紙のノートとは異なり水にぬれてもボロボロにならないので悪天候な場面で活躍してくれそうですね。

オールウェザーノートブック3

破いてみるとこんな感じです。
破りずらいというわけではなく、普通の薄いメモ用紙を割くようにビリビリって感じで割くことが出来ます。
ハサミやナイフでも難なく切り刻むことが可能。

実際台風シーズンや海外でいうところのスコールのような場面に遭遇した際にはかなり重宝しそうなサバイバルグッズです。
メモを取る、メモを残す、極限状況下における情報収集に効果を発揮してくれることでしょう。
サイズもいろいろあるので好みやバックパックに合わせたオールウェザーノートブックをチョイスしてください。

関連記事

category: サバゲー小物

CM: 0 TB: 0   

ドローン戦争に対抗、ドローンを無力化する銃あれこれ 

現在急速に発展しているドローン(無人機)業界、アマゾンでも大量のドローンが販売されております、
それに伴い様々な問題が表面化してきたことも事実、日本も含め各国でドローンに対する法整備が進められてきました。

フランス軍ドローン対策

オランダやフランスでは鷲を使って不審なドローンを捕獲するなんて方法もなされているとか。
しかし不審なドローンであるかどうかを鷲に判断するのは困難というもの。
そこで登場したのがドローンを無力化するという銃です。

ドローンガン

有名どころではオーストラリアのドローンシールド社のドローンガンというアンチドローンライフルが有名な商品ですね。
爆薬搭載したドローン兵器なんかも考慮して機体を損傷させることなく飛行停止させることができるそうです。
ドローンガンは現在のところほぼオーストラリアの法執行機関のみの取り扱いの様子。

ドローン無力化

また先日ドローンを無力化する銃が国際軍事フォーラム2017で発表されました。
名称は「Stupor(麻痺という意)」、射程距離は650m、一回の充電で4時間40分の運用が可、GPSとWiFiの電波も抑えることができるとのこと。
Stupor対象のドローンに対してジャミングで通信障害を起こすことができるそうです。

こうしたアンチドローンライフルの登場を受けて、ジャミング耐性を高めたドローンの開発されイタチごっこが展開されるのが予想されますね。


関連記事

category: ミリタリーニュース

CM: 0 TB: 0   

ナイフレビュー 「FOX社バスティネリ Akeronイノセント」 

FOX バスティネリ1

今回のナイフレビューはイタリアのナイフメーカーFOX社のバスティネリ Akeronイノセントです。
バスティネリ イノセントはフランス人ナイフデザイナーのBastien Bastinelli氏が手掛けたプッシュナイフ。
薄く、小さく、そして軽い、EDCやコンシールメントに適したナイフとなっております。

FOX バスティネリ2

今回チョイスしたのはブラックPVDコートバージョン。
他にもストーンウォッシュタイプがございますが防錆とか考えるとやっぱりこっちかな?
ハンドルはタクティカルナイフでおなじみのG10。
ブレードの材質はN690co、エクストレマラティオでも採用している防錆性の高い鋼材です。
全長90ミリ、刃渡り45ミリ、重さ27グラム、イタリア製。

FOX バスティネリ3

シースはカイデックス製。
ベルトクリップがついているためベルトへの着脱が容易に行えます。
好みによりテックロックに付け替えても面白いかもしれませんね。
パラコードを通してネックナイフにしても面白いかも♪

実はこのシースのデザインが今回このバスティネリ Akeronイノセントを購入した最大の理由だったりします。
ハンドルを引き抜く際にシースが指に干渉し辛いんです。
プッシュナイフまたはプッシュダガータイプのシースって抜くときにシースに指が干渉してしまいナイフを摘まむようにして抜くタイプが多いんですよね。
しっかり保持できないからナイフを落とす可能性が高いし、グローブつけていたらナイフをリリースし辛いという欠点があり、あまりこの手のナイフは手を出さなかったんです。
このバスティネリ イノセントのシースは鯉口の両側がえぐるようにデザインされているため、指が鑑賞し辛くナイフをしっかり指で保持しながらリリースできる特徴があります。
タクティカルナイフを選ぶ時の一つの基準が速攻性だと思いますが、このナイフならしっかりナイフを握りながらかつ素早いリリースが期待できます。

FOX バスティネリ4

実際に握ってみるとこんな感じです。
FOX社のナイフ手に入れたの初めてなんですが、ブレードの処理もハンドルやシースの加工も大変よく出来ております。
ナイフ自体もハンドルが手になじみやすく、癖無く握ることができるので扱いやすい刃物と言えるのではないでしょうか!?
サイズ感的にも女性におススメできるナイフですよ。



関連記事

category: タクティカルナイフ

CM: 0 TB: 0