FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ジェラルド・バトラー主演最新作「Den of Thieves」トレイラー公開 

ジェラルド・バトラー主演最新作「Den of Thieves」トレイラー公開されております。
ジェラルド・バトラーが刑事に扮するアクションスリラー、強盗団との駆け引きを描いた現代版「HEAT」のような作品となっているようです。
監督は「ジョン・ウィック」の第二監督を務めたダリン・プレスコット、本作が長編初メガホンとなります。
共演は50セント、オシェア・ジャクソン・Jrなど。
「Den of Thieves」は来年1月19日公開予定、日本での公開は未定です。




関連記事
スポンサーサイト

category: アクション映画、ミリタリー映画

CM: 0 TB: 0   

エレクトリックアーツがゲームスタジオ「Visceral Games」を閉鎖 

visceral games


エレクトリックアーツがゲームスタジオ「Visceral Games」を閉鎖するとアナウンスしました。
Visceral Gamesは「バトルフィールドハードライン」、「デッドスペース」、「ダンテズ・インフェルノ 〜神曲 地獄篇〜」をはじめ様々なゲーム開発を手掛けてきたスタジオ。
2013年にはディズニーからの開発ライセンスを得て「スターウォーズ」を手掛けると発表していました。
しかしエレクトリックアーツは「より長期間プレイヤーにプレイしてもらえるゲームを生み出すため」とし「Visceral Games」閉鎖を発表しました。
開発中だったスターウォーズ新作タイトルは新体制へ引き継がれるとのことです。

バトルフィールド ハードライン - PS4
エレクトロニック・アーツ (2015-03-19)
売り上げランキング: 1,114

関連記事

category: FPS、アクションゲーム

CM: 0 TB: 0   

KSCよりM93Rデザートスパルタンガスブローバック再登場 

M93Rデザートスパルタン


KSCよりM93Rデザートスパルタンガスブローバック再登場が再登場しました。
M93RはイタリアのSPが重武装を嫌ったことからデザインされたハンドガン。
フォアグリップを取り除きバレルをノーマルタイプにすることでホルスターへの親和性を高めた一丁。
コヨーテカラーに塗装された本体は塗装がはがれにくい工夫がなされており、サバゲーユーザー対象のハードユース向けとなっております。
弾倉は大容量38連タイプのコヨーテカラータイプを標準装備、さらに別売でショートマガジンも発売されます。
もちろんセミ・フル・バースト可能。
KSC M93RデザートスパルタンGBBは2017年10月26日リリース予定です。


関連記事

category: エアガン(トイガン・GBB・電動ガンなど)

CM: 0 TB: 0   

Atlas Dynamic Defense NOC Push Dagger レビュー 

NOCプッシュダガー1

Atlas Dynamic Defense NOC Push Daggerをレビューします。
現在銃刀法改正によりダガーに対する世間様の風当たりが強くなっており、私的にもこの商品のレビューを載せるか載せまいか結構悩みました。
でも別に非合法な手段で手に入れたものでもなく、日本国内で一般的に手に入れることが出来たということもありレビュー記事を載せるに至りました。
ダガーに対するアレルギーのある方はスルーしていただいて結構です。

Atlas Dynamic Defenseは設計、材質、加工にいたるまで全て米国製に拘ったトランプ大統領が歓喜するようなナイフメーカーです。
法執行官のようなプロ用のデザインが多数を占めており、ハードユース向けの商品展開をしております。
実際握りやすく、刃付けやコーティングなど加工も大変上手に出来ているので少々高価なメーカーではありますが値段相応のナイフは出しているのではないかと。

今回手に入れましたAtlas Dynamic Defense NOC Push Daggerですが、所謂プッシュダガーですね。
プッシュダガーと言えば様々なメディアでも小物として使われており、それに憧れる方も多いはず。
映画「プラトゥーン」でもチャーリー・シーンとの格闘戦でトム・ベレンジャーが使用しておりました。
先日手に入れましたフォックス社のAKRONも同様に握って使うタイプの刃物です。
なんで立て続けのこの手の刃物を入手しているのかと申しますとナイフを使うということに対する考えの変化が挙げられます。
ナイフの攻撃や使用方法の中で圧倒的にHITさせやすいのがプッシュつまり突きです。
非常に汎用性の高い攻撃方法だと言えます。
その中でも拳で殴るという非常に原始的なやり方で使用できるのがプッシュダガーです。
今日ナイフを持つ人でも相手を傷つけることができるというのがプッシュダガーの最大の利点だと思います。
もっと申しますとそれ以上の価値が無いんです。
密林に入り蔦を切り分ける鉈の役割は無く、木材にたたきつけるような斧としての特性もない。
プッシュダガーは武器としての特性の高い刃物と考えられます、そりゃ規制されますわね。

NOCプッシュダガー2

NOC Push Daggerですが本来はボールチェーンを使い首からぶら下げるようですが、腰に装備してみたいのでテックロック小を取り付けてみました。
刃渡りが無い分装備し易く動きやすい、尚且つ隠匿性が高い印象がありますね。
ちなみに刃渡り48mmなので一応セーフ!

NOCプッシュダガー3

ブレードもハンドルも肉厚があり結構がっしりしております、グローブを付けても握りやすいですね。
身幅もあるナイフなので貫通性は期待できないかもしれませんよ。
非常に使いやすいナイフですが、ブレードとハンドルの間があまり距離が無いので指の太い方はブレードに指が干渉してしまうかもしれません。

なんか記事にしてみて、私が一番ダガーアレルギーを持っている気がしてきましたね。
ナイフのコレクションは多数ありますが、実際今までダガーってあまり実戦的ではないのではと考えていた時期があり考慮しなかったのが現実です。
我が家の刃物は手を添えて使うことを前提にしているので片刃ばかりですしね。
コレクターの中にはダガーをせっかく手に入れても刃渡りが短すぎて格好悪いという方も実際いらっしゃるかと思います。
今回紹介したNOC Push Daggerは決してコレクター向きの刃物ではありません、しかも若干グレーな感じも個人的にしております。
興味ある方は自己責任で購入をお考え下さい。

プラトーン [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014-02-05)
売り上げランキング: 1,914

関連記事

category: タクティカルナイフ

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。