Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

米国「グローバルホーク4機12億ドル(約1兆3千億ウォン)なら売ってあげるよ♪」 

米国「グローバルホーク4機12億ドル(約1兆3千億ウォン)なら売ってあげるよ♪」と韓国に通達するかもしれません。
米国国防部から12月25日に韓国へのグローバルホーク販売を承認を許可するという提案が議会へ公式提出されました。
つまりまだ決定ではないんですけどね。

この4機12億ドルという価格の中には訓練やメンテナンスで使用する色々なモノを含んでの価格だそうですが、なんと韓国がノ・ムヒョン政権の頃に言われた価格の約2~3倍だったそうです!
韓国が無人偵察機を欲しがるのは2015年に戦時作戦統制権(韓国政府の命令で韓国軍を動かせる権利、返還されたら米軍はバックアップのみになってしまう)が還収されるからです、アメリカは韓国の足元を見ているのかもしれませんね。
現在韓国で使用されている偵察機は信号情報収集する白頭偵察機と映像情報を収集する金剛偵察機ですが、白頭偵察機は離着陸に金剛偵察機は航続時間に問題があるんだそうな…。
ぶっちゃけ北朝鮮監視体制も米軍にかなり依存しているんだそうで、2015年までに何とかしたいんでしょうね。
また、米軍において支出削減の影響でGlobal Hawkが調達中止になりましたし製造元のNorthrop Grumman社が新規の販売先を探していた可能性もあります。

グローバルホーク調達だけでなく現在韓国でも「Devil Killer」というダッサイ名前の独自の自爆型無人偵察機を対北朝鮮用に開発中。

韓国のUAV「Devil Killer」

「Devil Killer」のスペックは重量 25kg、全長 1.5m、全幅 1.3m、電気モーター駆動、最高速度は時速350~400km、高性能爆薬搭載可能とのこと。
性能が低いことで有名な韓国の兵器、民家に堕ちなきゃいいけど( ̄ー ̄;

第二次朝鮮戦争ユギオII・前編
定価:¥ 1,575
新品最安価格:19%OFF ¥ 1,261 (3店出品)
レビュー平均:4.04.0点 (2人がレビュー投稿)
3.03.0点 前後半に分かれたのですね
5.05.0点 時代の変化
出版日:2012-02-05
メーカー:ゲンブンマガジン
作者:小林源文
関連記事
スポンサーサイト

category: ミリタリーニュース

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/134-6409ada4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)