Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

悩む韓国軍「有事作戦統制権移管されたらどうすりゃいいのさ!」 

悩む韓国軍「有事作戦統制権移管されたらどうすりゃいいのさ!」
2015年の有事作戦統制権移管が迫った韓国ですが、米韓連合司令部解散後の指揮体制などを議論するための組織「未来指揮構造連合実務団」を先月21日に立ち上げたそうです。
まあ早い話が米軍無しでどうやって半島情勢をやりくりしなきゃいけないのかを検討するわけですね。

現在韓国は有事の際の作戦指揮権を単独では持って無いです、なんかあった場合勝手に軍隊を動かすことはできないんです。
有事作戦統制権移管はもともと盧武鉉政権下時に支持率UPを狙って行われたことですが、冷静に分析すると米軍失くして韓国軍独力で北朝鮮と対峙できるわけがないんですね。

北朝鮮は大量殺戮破壊兵器を所持している可能性が高く先制攻撃されるかもしれませんし、最近の韓国軍では警戒態勢の穴が指摘されたり徴兵見直しとかいう人が大統領になっていますし圧倒的に不利。
先日報道された韓国がグローバルホーク購入するというも北朝鮮の行動を予測できる情報戦力確保が目的な訳です。
無人偵察機は先制攻撃を事前予測することが目的であるのと、戦闘機を購入してしまうと北朝鮮への軍事的挑発として開戦の理由を与えてしまいかねないからです。
そして去年、日本の自衛隊と軍事情報共有が延期してしまい、2015年には有事作戦統制権移管するわけですから韓国は東アジアで完全に孤立する形になるわけですよ。
当然自分でどうにもできないのが分かっているので韓国政府も韓国のマスメディアもアメリカに「統制権を返せ!」と言い続けてきたのに今になって「いや、それはこまる!」と言いだしている訳なんです。

現在韓国ではこの統制権移管に関する誤情報が結構出回っているらしく、サーマン司令官が「統制権移管後も韓米連合司令部を存続させるプランがある」でも韓国政府は「確認していない」なんていう週刊誌レベルの話が報道されることも…。

こういうニュースが出る時「われわれ日本人は関係ないよね❤」って訳にもいきませんよね。
例えばもし半島有事が起こって韓国の原子炉が破壊されたとしたら日本にも当然影響が出ることでしょうし、大量の難民が日本めがけて不法入国することも考えられる訳なんですから。
安倍政権には日本が半島情勢に巻き込まれないよう政治・防衛の見直しも是非とも検討していただきたいところですね♪
このニュース読んで思い出したのが小林源文のマンガ「第二次朝鮮戦争」、否応なく日本が巻き込まれ対応されていく様がリアルに描かれております。
オメガ7のスピンオフ的な物語でもありますので、興味のある方は是非!

第二次朝鮮戦争ユギオII・前編
定価:¥ 1,575
新品最安価格:19%OFF ¥ 1,261 (3店出品)
売上ランク:34649位
レビュー平均:4.04.0点 (2人がレビュー投稿)
3.03.0点 前後半に分かれたのですね
5.05.0点 時代の変化
出版日:2012-02-05
メーカー:ゲンブンマガジン
作者:小林源文


■関連記事■
米国「グローバルホーク4機12億ドル(約1兆3千億ウォン)なら売ってあげるよ♪」
関連記事
スポンサーサイト

category: ミリタリーニュース

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/147-7804d28e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)