Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

マッドドッグナイフ「WILD THING」をご紹介 

マッドドッグナイフ「WILD THING」をご紹介いたします、こいつも正月実家から持って帰ってきたモノの一つ。
元CIAの技術屋であるケヴィン・マクラングが製作しているハンドメイドのカスタムナイフで、切れ味が良く頑丈でそれでいてしなやかなのが特徴です。
MADDOG社では基本ハンドガンなどのカスタムパーツなどを製作しているようです、ナイフを製作しているのはマクラング氏一人なんだとか。

マッドドッグナイフ「WILD THING」1

映画「暴走特急」のナイフファイトシーンにおいてライバック(スティーブン・セガール)が車両の中で使用していたのもマッドドッグのナイフです。
ブレード鋼材は01スチール、グリップはG11という素材を使用しております。
01はランドールなんかでも良く見かける鋼材ですね、炭素鋼の一種で強度に優れ切れ味も抜群です。
マッドドッグではこの01スチールを焼き入れする際に部分的に柔らかいところと硬いところが生まれるように行います、まるで本焼き入れの様!
さらに錆止めがてらにハードクロームコーティングされております、何度か抜き差ししておりますが今のところコーティングのハゲは見つかりません。
グリップはコンシールタングとなっておりまして、ネジは使用しておりません。
様々な工夫がされ高い実践性を誇ることから非常に品薄なナイフとなっております、現在ではあまり見かけませんね。
そう言えばマッドドッグはシールズのトライアルにも参加していました、値段が高すぎるんで採用はされてませんでしたが優秀なナイフであることは間違いありません!

私が購入いたしましたナイフはモデル名「WILD THING」と呼ばれているナイフです。
マッドドッグの中でも小ぶりでしかもかなり薄めに仕上げられております。
厚さは5mm程度あるんですが、かなり軽めなナイフとなっておりまして携帯性・隠匿性を目的に製作されたんではないかと思います。
コンシールメントナイフなのでグリップも薄手に製作されておりまして、握り心地はあまりよろしいとは言えませんね。

マッドドッグナイフ「WILD THING」2

マッドドッグのナイフは上記画像のようにシースが二つ付属しているモデルがあります、「WILD THING」にも二つシースが付いていました。
ベルトに通すタイプともう一つ薄手のシースです、両方カイデックスで製作されております。
この薄手の方なんですが、どうも上着の内ポケットとかに隠すことを目的にしたシースらしく凹凸がありません。
普通カイデックスシースと言えば製作段階でナイフを挟むようにして製作されますが、このシースはナイフを包んでいるだけなんです。
匕首の鞘のような感じですね、素早く抜き差しできるシースとなっております。

このマッドドッグはタクティカルナイフ好きにはかなりオススメ!ファクトリーモデルに飽きたナイフコレクターは一本購入を検討しても損はしないと思いますよ♪

暴走特急 [DVD]
定価:¥ 1,500
新品最安価格:34%OFF ¥ 990 (7店出品)
レビュー平均:4.54.5点 (4人がレビュー投稿)
5.05.0点 我らのヒーロー、ケイシー・ライバック!
5.05.0点 テロリスト「ライバックだと!?マジかよ・・・」
4.04.0点 ライバック最高
発売日:2011-06-15
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
出演:スティーブン・セガール エリック・ボゴシアン キャサリン・ヘイグル
時間:100(分)
関連記事
スポンサーサイト

category: タクティカルナイフ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/148-44b37721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)