Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

リック・ヒンダラー、チタン製ボールペンをレビュー 

リック・ヒンダラー、チタン製ボールペンをレビューいたします。
個人輸入で購入したんですが、ぶっちゃけ購入した後に「あっ、そう言えば」と税関で問題になっていたのを思い出しまして、ヤバいかなと相当ビビってたんですけど無事に我が家に到着いたしました♪

リック・ヒンダラー、チタン製ボールペンをレビュー1

ボールペンの芯の部分を覗いてご覧の通り全てチタン製、比較的比重の軽い金属なんですが結構ズッシリと重量があります。
ぶっちゃけ書きづらい( ̄ー ̄;
ちょっと文字を書くスピードを上げると遠心力で指に目茶苦茶負担が掛かってしまいます。
まあ、そういう目的のペンなので書き心地を期待して購入する方はいらっしゃらないと思いますが…。

リック・ヒンダラー、チタン製ボールペンをレビュー2

キャップを取るとこんな感じ。
キャップの部分を触ると分かるんですけど、単純に丸く仕上げている訳ではないんですよね。
指で確かめないと分からないと思いますが、若干尖っております。
逆手で握ってフロントガラスに叩きつけると結構簡単に割れると思いますよ。
車からの脱出、あるいは中の人を救助するのにかなり役立つと思います。
もちろん格闘戦闘時に相手の頭部に振り下ろしても効果的♪
ペンの周りも溝が綺麗に等間隔で入っておりますのでスリップ止めの効果も期待できます。
チタンの加工が上手とは伺ってましたが実際良く出来ております、作りのムラのようなものは見受けられません。

リック・ヒンダラー、チタン製ボールペンをレビュー3

MIL-SPECのタクティカルペンと比較してみました。
航空アルミで出来ている分、MIL-SPECのペンの方が軽くて使い心地は良いですね。
頑丈さではリック・ヒンダラーのペンの方が重厚に出来ている印象があります、強度的にはリック・ヒンダラーの方が上ではないかなと思います。
どちらのペンにもロゴが入っておりませんし、あまり凶悪なデザインでもありませんので何方かの前で使用されても相手の方に不快な思いをさせることは無いのではないでしょうか?

リック・ヒンダラーのペンは大変人気のある商品ですので、このBLOGを見ていただいているサバゲーマニアな方も一度は購入を考えたことがあるのではないでしょうか?
今回私はチタン製の方を購入しましたが、コッパー(銅)のモノやアルミのモノも製作されておりますのでご自身の財布と相談しながらの購入を検討してください。
ぶっちゃけKUNAIタクティカルペンよりもこっちの方がオススメです!

Smith & Wesson(スミス&ウェッソン)SWPENMP2BK 2nd Generation タクティカルペン ブラック
定価:¥ 3,675
新品最安価格:2%OFF ¥ 3,600 (9店出品)
レビュー平均:4.84.8点 (4人がレビュー投稿)
5.05.0点 武骨な割には使いやすい。
4.04.0点 非常に頑丈
5.05.0点 タックペンならコレがお薦め
メーカー:スミス&ウェッソン
スタジオ:スミス&ウェッソン
色:ブラック
関連記事
スポンサーサイト

category: サバゲー装備品

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/163-e74d2892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)