Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

ストライダーナイフDB-Lを購入いたしました 

ストライダーナイフDB-Lを購入いたしました、ちょっと値の張るナイフでしたので結構無理して買ったたんですけど満足のいくシースナイフです♪
デザインはあのデロ・ボゥキーが担当、彼が当時親交のあったストライダー(Strider knives)に製作させたのがキッカケだったそうです。
ナイフマガジンでこのストライダーDBを初めて見て好奇心をそそられたのは言うまでもありません!
今回購入するにあたりDBだとちょっと短いかなと思いDB-Lを購入してみました。

ストライダーナイフDB-L1

ブレード表面はタイガーストライプ、鋼材は良く見るS30Vステンレスを使用してますがブレードにはこれといった表記は見当たりませんね。
厚みは6mm程度かな?以前購入したストライダーSA-Tiよりちょっと分厚くなってます、ブレード長は12.7mm(5inc)ございますので携帯性が高いのが特徴です。
シースナイフをいざ装備するとホルスターとかマガジンポーチなどの他の装備に干渉して装備する場所に困ることが多いんです。
ストライダーDB-Lのサイズならその心配もありませんね。

ストライダーナイフDB-L2

このストライダーDB-L、印象としては頑丈な彫刻刀といった感じでしょうか!?
しかしタフな外見であるにもかかわらず手の中にしっかりとスマートに収まってくれます。
この握り心地を生み出しているのがこのガンナーグリップ、高い摩擦力を生んでくれますのでハンドルをしっかりホールドすることができます。
1911のガンナーグリップカバー持ってるんですけど、あれをナイフのグリップにしたって感じですかね?
ストライダーのガンナーグリップは高いホールド性を生み出してくれるので使うと病みつきになります、そして絵的に美味しい( ^ー゚)b

実戦的な観点で言うと戦場でのナイフファイトって喧嘩とは随分違いますからね、ヘルメットかぶってアーマー着込んだ自分が使う状態を想定しないと成り立ちません。
屋内で死角から襲われて銃を奪われそうになった時に長いナイフだと振り回しにくいんです、長いナイフは装着部位も限られてくるので抜くのに時間が掛かる場合もあります。
発砲した場合同士討ちの可能性もありますので、もしこうなった場合味方も射撃できません。
立った場合ならまだしも、もつれて地面に崩されてしまうと長いナイフではさらに対処できませんし、敵もナイフを抜く余裕を与えてくれません。
場合によっては相手にナイフを奪われる可能性もあります、即座に自分の武器を守りつつ相手を攻撃するにはどうしても長いナイフは不利なんです。
これはいわゆるCQBと呼ばれるテクニックで考慮しなければいけないポイントなんです。
CQBで使うナイフが短めにデザインされてるのはそのためです、このナイフもCQB向けと言えるでしょうね。
エマーソンとかタクティカルなナイフが好みの方ならストライダーナイフDB-Lをきっと気に入るとハズ!

Zero Tolerance ストライダー フィックドブレードナイフ 0121
新品最安価格:¥ 18,200 (2店出品)
メーカー:Zero Tolerance
関連記事
スポンサーサイト

category: タクティカルナイフ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/185-d244966d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)