Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

デストロ246に登場したナイフ「マスターオブディフェンスCARACARA」を御紹介 

デストロ246に登場したナイフ「マスターオブディフェンスCARACARA」を御紹介します。
デストロ246は2012年第1巻が発売された高橋慶太郎氏の新作、高校生の女の子が殺し合いまくるというストーリーなのですがヨルムンガンドとは違い女の子を中心としたストーリーが展開されてゆくそうです。
その中の登場人物の1人である的場伊万里がマスターオブディフェンスCARACARAをエレベーターで使用しております。

マスターオブディフェンスCARACARA1

マスターオブディフェンスは2000年ぐらいに結構流行ったナイフメーカーなのですが、タクティカルギアメーカーであるブラックホーク社に買収され現在では安価な刃物を大量生産するという立場になっております。
その当時販売していたモデルの中でも特に高価だったのがこのマスターオブディフェンスCARACARA、CPMS30Vスチールを使った4ミリ厚のブレードとチタン製ハンドルという高級マテリアルを使用した鎌状のナイフ。
以前ガーラという名称でブラックホーク社から販売されておりましたが廃盤しております、より安価なマテリアルと操作性の高いデザインへ変更したガーラ2が現在では流通してるみたいです。
サバゲー仲間のT君は伊万里が使ったのはブラックホークのガーラだと思っているようでしたが大間違い!
デストロ246第1巻のP96~97に伊万里が使っているのを見ると分かりますが、ゴム素材と思しきパーツがハンドルに付いています、ブラックホークタイプはG10ハンドルでしたのでコレが付いてないわけです。
さらにマニアックな事を言えばブレードのロゴも違うのですよ、良く見てもらえれば分かるはずです。
そう言えば的場伊万里はこの他にもエマーソンのブルノーズカランビットも使用しております。

さて上記画像に映っているマスターオブディフェンスCARACARAはかなり前に購入した私物でございます。
かなりカッチリした造りとなっておりまして気に入ってはいたんですけどね、握り辛い上に操作し辛いという特徴がありましてチョット指のお肉を持っていかれてしまったのです(ノД`;)
なので我が家ではお蔵入りとなった刃物なのです、写真撮るのに久しぶりに出してまいりましたが相変わらず鋭いナイフですね♪

マスターオブディフェンスCARACARA2

画像をご覧の通りハンドルの中に手が収まることがありません、無理して握ろうとすると必ず指に負担が生じてしまいますのでブレードの根本に指を載せなければいけないのです。
コレで使用していて肉持ってかれたんですよねぇw

マスターオブディフェンスCARACARA3

以前紹介しましたエマーソン(EMERSON KNIVES)のフォルダー「P-SARK」とサイズを比較してみました、同じフックブレードながら随分と印象が異なります。
CARACARAは小さいくせに結構ゴツゴツしているからなんですかね?その上チタン製で厚みがあるフォルダーですので重いし。
エマーソンP-SARKのようなシャープで軽やかな操作性のあるナイフに慣れると使ってみたい刃物では無くなります。
伊万里のように小柄な女の子だからこそ使える刃物なのかもしれませんね♪

余談ですけどカランビットなどを含めたフックブレードのナイフは相手をえぐる様に斬ることが出来ると思ってらっしゃる方がいらっしゃいますが、とんでもない誤解ですよ。
相手が素っ裸なら理解できますが人間は服を着ていますからね、フックブレードの類は服に引っ掛かりやすく動きが止まる危険性がかなり高いんです。
敵がジャージを着ているなら分かりますが、戦闘となるとサバゲーでも使われる頑丈な1000デニールのチェストリグを着たりしていますし、私服でもデニム素材の商品を利用した服着ている人多いと思うんですけどね。
BDUやコンバットパンツも頑丈なのが多いですし、腹部もベルトを巻いている可能性があるし、刺すなら分かりますけどフックブレードで斬るとなると疑問が湧いてまいります。
湾曲したフックブレードは切っ先が下を向いているので真っ直ぐ刺せません、多分首か指ぐらいしか狙う所ないんじゃないかなぁ?
不純な動機でナイフ選ぶといざって時に大変な目に合うもんです、命預けるもんですからデザインではなくちゃんと用途を考えながら購入することをオススメしておきます!

デストロ246 1 (サンデーGXコミックス)
定価:¥ 560
新品最安価格:¥ 560 (2店出品)
レビュー平均:4.14.1点 (28人がレビュー投稿)
4.04.0点 アハハアハハ、ハイー!?(シャァァ)
4.04.0点 まさに” 死屍累々 ”
5.05.0点 期待値大幅越え!
発売日:2012-10-19
メーカー:小学館
作者:高橋 慶太郎
関連記事
スポンサーサイト

category: タクティカルナイフ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/197-6f55ce0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)