Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

マグプルがコロラド州知事ジョン・ヒッケンルーパーへクレーム! 

マグプルインダストリーがコロラド州知事にクレーム


米国コロラド州知事ジョン・ヒッケンルーパー氏は銃規制に関してひと際声を大きくして訴えている方で結構有名な方なんですが、銃規制の一環として銃器だけでなく弾倉や弾薬の販売に制限を設けようとしています。
それに対してスミスエンタープライズやマグプルインダストリーがジョン・ヒッケンルーパー氏にクレームの電話を入れたことでちょっと話題になっているみたいです。

ジョン・ヒッケンルーパー氏の銃器の販売制限に該当するのが一般市民だけでなく警察にも及ぶそうで、法執行官が任務を行うのに支障をきたすんじゃないかというのがスミスエンタープライズやマグプルインダストリーの主張です。
確かイギリスのスコットランドヤードの話ですけど警官が過度に武装するから犯罪者もより強力な武器を持とうとする、だから極力武装しないということを実施している国や地域は確かに存在します、そもそも日本もそうな訳ですからね。

マグプルって現在拠点がコロラド州にあるそうですからね、彼らにとってジョン・ヒッケンルーパー氏は銃規制に関する発言は死活問題となってくるわけです。
現在マグプルインダストリーで発売されておりますP-MAGなどは人気商品となっておりまして、購入できずに予約待ちって状態の方もいらっしゃるんだとか、ドル箱商品の製造に支障をきたすわけですからそりゃ怒りますわな。
マグプルインダストリーは現在コロラド州から引っ越そうかと本気で考えているみたいですね、現在新たな場所を検討中とのことです。
マグプルPTSは香港でやりくりしているので日本のサバゲー愛好家には多分支障は無いかと思うんですけどね、私の場合実物装備マニアなんでちょっと影響でるかもしれません(ノД`;)

昨今の銃規制に関する問題に警察や軍隊まで巻き込まれることは少なくありません、アンチマテリアルライフルの製造で有名なSerbu Firearms社なんかは同社50口径スナイパーライフルの取引を警察としないとまで公言しております。
しかしながら、こうしたニュースが流れる中、先日3/21に行われた連邦議会で157種の攻撃用銃器を禁止対象とした法案がアメリカライフル協会の活動の結果なんと廃案になるという事態となってしまいました、アメリカの銃規制への道はまだまだ遠いようです。

MAGPUL PTS バトルコンプ BABCフラッシュハイダー CCW
新品最安価格:¥ 4,990 (1店出品)
レビュー平均:5.05.0点 (1 人がレビュー投稿)
5.05.0点 かっこいい
メーカー:MAGPUL PTS
関連記事
スポンサーサイト

category: ミリタリーニュース

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/227-4e9874bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)