Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

オススメ軽量タクティカルライト、インフォース6VXレビュー 

インフォースのタクティカルライト6VXを購入してみましたんでレビューしていきます。
いつかは買おうかなと思って先延ばしになってしまったのがインフォースのコチラのモデル6VX、どうしても欲しいシュアファイアのモデルの発売時期と重なってしまって先延ばしになっていたんで思い切って先日購入してみました。
ぶっちゃけ良く出来ておりますd(⌒o⌒)b

infoce1

インフォース(INFORCE)はアメリカで製作されており、トラヴィス・ハーレイのアサルトライフルにも装備されております。
今回購入したこの6VXなんですが200ルーメンのLEDしかもボディはカーボンファイバーで製作されておりまして、その軽さが好印象です♪
アルミで製作されたタクティカルライトと比較するとその重量は卑怯なくらい軽やかです。
長時間手に持つことを考えると嬉しいタクティカルライトですね。
カーボンファイバーで加工されてものって何度か見たことがあったんですけど、このライトは表面が結構滑りやすくなってますね。
ナイフのハンドル材に使用されているようなザラザラ感がありません、滑り止めの効果は期待しない方がいいでしょう。
でもこれは多分わざとこうしているんでしょうね、プレーンに仕上げると糸くずが引っかかったりしないのでポケットから素早く出せるんです。
シュアファイアのE1Bバックアップと同様の考えのもと設計されていると考えられます。

infoce2

ヘッドの部分に通気口のごとき穴が開いていますが、多分放熱目的のモノだと思われます。
アルミと比べてカーボンファイバーは熱が籠もりがちですからね、その為の配慮ではないでしょうか?
なんていったって200ルーメンの出力がありますからね♪
ポリマーボディのシュアファイアG2などには見られませんね、だからG2は熱こもりやすいんですよw

infoce3

インフォースタクティカルライト6VXは長押しで間欠点灯、短いクリックオンでライトの強弱切り替え、素早く2回押すとストロボに切り替えることができます。
機能は非常に高いんですけどインフォースタクティカルライト6VX最大の急所となるのがテールスイッチです。
シュアファイアのテールスイッチに慣れている人が触るとスイッチが小さくて押しづらいんです(TwT。)
指の太い人が使うと多分点灯ミスしますよ。
グローブ嵌めてスイッチ押してみましたが駄目ですね、素手専用と考えた方がよろしいかと思います。

あと問題になるのが保障ですかね。
シュアファイアの様にインフォース代理店というものが国内には無いんです。
可変式のタクティカルライトライトは故障する可能性が結構高いですからね、お店に聞いて修理してくれるかどうか確認してから購入することをオススメします!

インフォースタクティカルライト6VXを手に取ってみるとと非常に実戦的だということが分かります。
試しにこのライトでハリステクニックなんかをやっていただくと分かると思いますが、ボディがスリムで握りやすくハンドガンと併用しても射撃が損なわれることはありません。
軽量なボディのおかげでストレスなく握ることが可能、非常に優秀なタクティカルライトだと判断できます。
カーボンボディの利点はそれだけではありません、例えば寒い時期になるとアルミ製のライトを握っていると手がかじかんでくるんですよね(ノД`;)
カーボンファイバーならその心配も無用です、警護のお仕事とかされたりする人にはピッタリではないでしょうか!?

実物 INFORCE 20mm用レールマウント
新品最安価格:¥ 10,780 (1店出品)
在庫:在庫有り
メーカー:INFORCE
関連記事
スポンサーサイト

category: タクティカルライト

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/232-0442b1c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)