Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

根本朋之「鋼凛参鎧」の特注仕様 

鋼凛参鎧1

根本朋之「鋼凛参鎧」の特注仕様を御紹介いたします、元自衛隊の空挺に所属されていた経歴を持つ異色のナイフメーカー根本朋之氏の運営するSAKURA WORKSで製作を依頼したモノです。
最近ではメタルギアライジングの雷電のブレードデザインをされたことで一躍注目されるメーカーさんになってしまいました。
鋼凛シリーズはタクティカルペンやクボタンと同様にタクティカルガジェットと呼ばれている分野の商品になると思うのですが、根本氏らしい非常に独創的なタクティカル路線を追求した一品となっております。
この鋼凛シリーズ、山下刃物店さんやブレードショーでSAKURA WORKSのブースに並んでいるのでタクティカルに造詣のあるサバゲーマニアな方は良くご存じだと思われます。
しかし良くご覧いただきたい、実はこの鋼凜カーボンファイバーで製作を依頼してサバゲー装備レビューブログ管理人である私トルゥードンの特注仕様として作ってもらったものなんです!

特注鋼凛マテリアルはカーボンファイバー


鋼凛参鎧2

この鋼凛シリーズは本来D2という炭素鋼(カーボンスティール)で製作されております、非常に強度の高いマテリアルなんですが如何せん錆に弱いというデメリットがあります。
ポケットの中の様な通気性の悪い場所に隠して、尚且つ素手で握りこむなんてことをするとどうしてもメンテナンスのことを考えてしまわなくてはいけなくなってしまうんです。
そこで比重が軽く、強度もあり、錆とは無縁のカーボンファイバーで参鎧というデザインで製作していただきました。
カーボンファイバー(炭素繊維)は錆とは無縁の存在ですし、折り畳みナイフでハンドルにもよくつかわれる素材ですので個人的に手に馴染む素材です。
いかがでしょうか!?中々男前に仕上がっていると思いませんか♪

鋼凛は現代の隠し武器


この特注の鋼凛を握ってみるとこんな感じです、マテリアルが変わるだけで随分握り心地が良くなっている気がします。
通常の鋼凛はチタンやアルミでもないので素手で握るのに結構抵抗あるんですよね、アレ買った人どうやってメンテナンスしているんだろう?
ちなみに製作期間はなんと約1年…、これがなければもっとSAKURA WORKS利用したいんだけどなぁ。

鋼凛は所謂「隠剣(おんけん)」と呼ばれる隠し武器の類として知られる「角手(かくて)」と呼ばれる武具に位置する商品だと思います。
(※隠し武器を意味する「暗器」という言葉は中国語であって日本語ではないそうな)
私の依頼したカーボンファイバーという材質は金属探知器に引っ掛かりませんからね、より隠匿性を高め隠剣としての性質を向上させた一品と言えると思います。
ナイフや拳銃は比較的見えるところに装備してありますので敵に使うのを予測される傾向が強いんですが、隠剣は持っているかどうか悟られにくい特徴があります。
持っていることが悟られないから奪われにくいし防がれにくいんです、このような武具は古来より相手の虚を突くということに長けたモノが愛用されてきました。
私の場合柔術でやってるんですけど当身習った時に角手の存在を師匠より教えていただきました。
また兄弟子からは「(隠し武器は)相手が持っていて当たり前と思え」と心理的な虚を生まないようにとの御教授を賜った経験があります。
現在欧米でもEDCという装備の考え方が徐々に定着してきましたので、今後こういった商品のラインナップって増えていくんじゃないですかね。
メリケンサックは嫌いと言う方でもこの鋼凛はかなりオススメです!しかし持ち歩くと軽犯罪法違反になりますのでご注意を。

ザ・暗殺術―暗殺されないための必修198アイテム
定価:¥ 1,260
新品最安価格:¥ 1,260 (1店出品)
在庫:在庫有り
レビュー平均:4.04.0点 (1 人がレビュー投稿)
4.04.0点 暗殺というより暗器のマニュアル
出版日:2002-07
出版社:第三書館
作者:マーク スミス ジョン ミネリー
関連記事
スポンサーサイト

category: 軍隊格闘術・CQC

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/235-e2f485a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)