Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

初心者向けカランビットの使い方、装備編 

フィリピン発祥の武器カランビットの使い方を初心者向けにレクチャーする記事2回目は装備編です。
カランビットに限らずナイフを携帯する時に考えなければいけないのがどこにナイフを装備して携帯するかということですね。

カランビット装備2
カランビット装備1
カランビット装備3

銃を持った場合、上着を着た場合、コンシールメントする場合などなどその人の用途に応じて様々な持ち方が求められてくることかと思います。
スティーブ・タラーニは利き手でアクセスしやすい位置にカランビットを装着するべしとありました、右利きの場合右手でアクセスしやすい場所に配置するべしとうことですね。
もう一つ考える必要があるのがどっち向きに持つのか?ということです。
分かりやすく言えばカランビットを抜いた時リングが人差指に来るのか、あるいは小指に来るのかということです。
シースタイプのカランビットをベルトループに通して携帯する場合問題ありませんが、フォルダータイプのカランビットの場合はブレードのオープンというアクションが操作の中に入ってしまうので塾考する必要があります。
ハンドガンがプライマリー(主力武器のこと)の場合はナイフの位置はもっと良く考えるべきでしょう、銃のドローやマグチェンジの邪魔にならない位置にカランビットを配置しなければいけません。
カランビットのデザインや御自身の培った技術や用途に応じて装備する場所を選ばなければいけないということですね。

もう一つタラーニが指摘していたのが一度ベストポジションを決めたらコロコロ装備する場所を変えるなというとこです。
常に同じ場所に装備した場合危険を察知してとっさにカランビットを抜いた時、いちいち装備した場所を確認する必要が無くその部分を見ていなくても素早く対応することができるようになります。
一度場所を決めたら絶対に変更しないようにしようというのがタラーニの教えです。

今日はここまで。

コールドスチール スチールタイガーカランビット
新品最安価格:¥ 8,200 (2店出品)
メーカー:コールドスチール
関連記事
スポンサーサイト

category: 軍隊格闘術・CQC

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/240-af3b8922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)