Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

エマーソンEDC-1マルチツールがとうとう発売! 

エマーソン(Emerson knives)からとうとう発売されましたエマーソンEDC-1マルチツール以前公開された画像と比べると随所に違いが見受けられますね。
タクティカルナイフ専門のエマーソンがマルチツール製作メーカーであるマルチタスカー社(Multitasker Tools)とのコラボで製作したこちらのマルチツール、すでに発売しているようですが売っている所はまだ少ないみたいですね。
エマーソンEDC-1マルチツールは北米で現在定価$184.95で流通しております。


エマーソンEDC-1マルチツール1
エマーソンEDC-1マルチツール2

まずナイフ部分はエマーソンマイクロコマンダーに酷似しておりますが、サムホールというより指掛けのための溝に変更した様子。
(※以前の商品とは別モデルの可能性もあります)
今までのエマーソンタクティカルフォルダーと比較するとグローブはめてオープンするのはチョット難しい気がしますね。
ウェーブフックを付けているということはポケットに入れての携帯を意識したモノと思われます。
本体裏側にポケットクリップを装備、ポケットクリップにはエマーソンのスカルロゴがプリントされているようです。
本体前後にプラスマイナスドライバーとカーボンスクレイパーと思しきツールを配置し90度の角度まで展開可能、付属パーツとして六角ボルトや栓抜きになるパーツを装備。
さらにハンドル部分にG10を採用しております、より高いグリッピングが可能になっているのではないでしょうか?
仕上がりはエマーソンらしい良く出来たツールナイフという印象がありますが、自衛官の知り合いに伺いましたところ取り外せるパーツのあるツールナイフは作戦中良く無くなるので実戦的装備とは思わないそうです。
また画像を見た限りですけどプライヤーも無さそうですので使用できる状況も限定的になるのではないでしょうか?
ツールナイフとしてはレザーマンに一日の長があるように感じられますね。
加えてブレードの刻印されております文字をご覧いただきたいのですが、D2と書かれているのが分かりますでしょうか?
もしこれがシリアルナンバーで無い場合、D2つまりSKD11という炭素鋼を使用している可能性があります。
強靭かつ安価で製作しやすい鋼材ではありますが錆に弱くメンテナンス性が低いナイフ鋼材として知られております。
正直あまり良い印象を抱いていない鋼材なんですよね、コーティングはしていますけどポケットに入れた状態で携帯するのには向いていないのではないかなとも思います。
エマーソンがD2使うのは初めてじゃないかな?なぜ154CMを使わないのでしょう?
安価な鋼材でもせめてステンレス440Cは使ってもらいたいところです。

EDC-1マルチツールの情報を見た限り購入意欲を無くすような粗探しになってしまいましたが、個人的に期待しているナイフであるというのも事実でございます。
購入する機会がありましたら再度このブログで報告するようにいたします。
プライヤーの付いたモデルもありましたから買うとしたらそっちをレビューするかもしれませんw

4/10追記
エマーソンEDC-1マルチツールの鋼材はやっぱりD2で間違いないようです(ノД‘;)
なんで炭素鋼使うのよ!!!
さらにG10ハンドル部分ですがブラックの他にコヨーテとODグリーンがラインナップされる予定だそうです。
しかもエマーソン初の中国生産となっている様子、もうこれ絶対買わないわ( ̄Д ̄;;

EMERSON(エマーソン) MCCOMM BTS マイクロコマンダー 半波
新品最安価格:¥ 31,500 (1店出品)
メーカー:EMERSON(エマーソン)
関連記事
スポンサーサイト

category: タクティカルナイフ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/245-904b6f4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)