Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

エドガー・ラミレス主演「カルロス革命編」DVDレビュー 

カルロス 第1部 野望篇

エドガー・ラミレス主演「カルロス革命編」を拝見しましたのでDVDレビューいたします。
今回の「カルロス革命編」は前作「カルロス野望編」の続きとなっておりまして、前作を拝見していないと内容ついていけませんので悪しからず。

ストーリーは「カルロス野望編」で計画されたオーストリアのウィーンOPEC会議襲撃から始まります。
しかし襲撃の際にリビアの要人を殺害してしまったためリビアへの飛行機着陸を拒否されてしまうことに。
自らの逃亡と作戦を納めるためにカルロスはオーストリアと取引をし身代金2千万ドルを受け取ることになります。
革命をお金で解決したとして仲間や組織から思わぬ反発を招いてしまいます、その後カルロスはパレスチナ解放人民戦線(PFLP)を離脱、彼と共闘した仲間たちも異なる作戦で殺害または逮捕されていきます。
パレスチナ解放人民戦線を離脱したカルロスは新たな支援者としてシリアと結びつくことに、そして新たな闘争の場はヨーロッパへと移っていくというお話でした。

相変わらず左翼活動家が好みそうなリーダー像として描かれているのがカルロスが少々癪には触りますが楽しめる内容でした。
この作品もともとはドラマとして製作されたものなんですけど、しっかり作りこまれているのでちゃちい感じは一切ございません。
フランスではセザール賞も受賞しておりますし評価されるだけの内容だと思います。
60~70年代の冷戦期に行われたテロとの戦いに興味を持たれている方は楽しめる作品だと思いますよ♪
前作でも今作でも言えることなんですけど若干官能表現の強いシーンもございますのでお子様と一緒に観覧の際は注意が必要ですねw
前作ではエドガー・ラミレスがチ●コ丸出しの状態で映ったりしてましたし。

さて残すところこの「カルロス」シリーズもあと1作品となってまいりました。
続編を拝見しましたら再度レビューしたいと思います。

カルロス [DVD]
定価:¥ 6,090
新品最安価格:18%OFF ¥ 4,949 (3店出品)
4.04.0点 史実+脚色の革命家の半生 複雑そうでいて筋が追いやすかった。
3.03.0点 面白いが見る人を選ぶ映画
3.03.0点 CARLOS (TV Mini-Series Trilogy)
メーカー:角川書店
ディレクター:オリヴィエ・アサイヤス
出演:エドガー・ラミレス ファディー・アビ・サムラ アフマド・カーブル
時間:326(分)
関連記事
スポンサーサイト

category: アクション映画、ミリタリー映画

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/268-7ce34052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)