Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

小林源文、オメガ7VOL.5レビュー 

小林源文、オメガ7VOL.5レビュー

小林源文、オメガ7VOL.5を手に入れましたのでレビューします。
オメガ7新章第二巻となります。

京浜石油コンビナート、防衛省、秋葉原の謎の外国人傭兵襲撃事件の裏で別の事件が起こっていた。
沖縄の宮古島レーダーサイトと早期警戒機が攻撃を受けたことをかわきりに尖閣諸島に中国海軍が侵攻する事態が発生。
安倍首相からの集団的自衛権発令により日中開戦に発展してしまった。
東シナ海を舞台に自衛隊と中国海軍の衝突が開始されるというストーリー。

今作オメガ7VOL.5では白兵戦中心とした前作とは打って変って航空機、護衛艦、潜水艦を中心とした海上戦闘が描かれております。
テイストとしてはバトルオーバー北海道とかレイドオントーキョーとかあんな感じの仕上がりとなっていました。
作中にはあの話題になったウクライナからのお下がり空母も登場、小林源文なりの攻略方法が描かれております。
私兵器には疎いので、「へぇ~、そんなところが弱点だったのね」って感じです。
サバゲーを中心にミクロ規模の戦闘しか知らないんで、こういうマクロ規模の戦闘は非常に勉強になりますね。
面白かったです♪

残念なのが肝心のオメガの活躍があまり描かれてなかったというところでしょうか。
秋葉原での戦闘シーンも少なかったし、モンゴルに潜伏している尖閣諸島への侵攻を党中央を無視して行ったとされる中国海軍政治部の将校の暗殺で最後ちょっとだけオメガが登場します。
女性新キャラであるハシダテとか出してきたんだからもうちょっと白兵戦だしてくれると嬉しかったんですけどね。
今作オメガ7VOL.5で前作から続いていた日中戦争編は終了、次巻からは別のお話になるようです。

OMEGA7 VOL.5 (オメガ7)OMEGA7 VOL.5 (オメガ7)
小林 源文

SBクリエイティブ
定価1,026円
Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト

category: ミリタリー漫画、戦術書籍

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/392-8c730338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)