Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

HSGI(ハイスピードギア)Padded Leg Panelレビュー 

Padded Leg Panel1

HSGI(ハイスピードギア)社のPadded Leg Panelを手に入れましたのでレビューします。
これは足に装着するMOLLEプラットホーム(と呼べばいいのかな?)の一種なんですが、同社とコスタルーダスとのコラボ製品LEG RIGのポーチを取っ払ったようなタクティカルギアとなっております。
同じような足に装着するMOLLEプラットホームは同社から既に発売されているのですが(ハイスピードギアMODULAR LEG RIG PANEL SMALLをレビュー)、このレッグパネルの方が足への密着性&クッション性に優れいるんです。

既にLEG RIGを所有しているのになんでコレを購入したのかと申しますと、現在マルチカムで装備を揃えているというのが理由の一つです。
HSGIがA-TACS迷彩を廃盤にしたことにより現在A-TACSの購入を自粛しております、代わりにマルチカムで装備を一新している最中なんです。
もう一つ理由が御座いまして、これはLEG RIGを使ってみて余計なポーチが多いと常々考えていたんです。
まずライフルのマグポーチ×2コレは問題ございません、大変使いやすい位置にありますし二つも足にあれば十分です。
問題はハンドガンのマグポーチが3つも要るのかという点です。
サイドアームのマガジンってなんで三つも要るの!?というのが正直な感想です。
ではマルチツールやライトを装備したらというお声を頂きそうですが、ライトはライフルのマウントにでも装備すれば良い話だし、マルチツールは絶対に利き手の近くにある方が使いやすいんですよね。
余計なポーチがあるせいでサバゲーでホフク前進し辛いし、装備するポーチを取り外して別のモノに変更できないというのも気に入りませんでした。
そんなこんなでHSGIのPadded Leg Panelを購入するにいたった訳です。
最初に検討したのは同じくHSGIのTACOライフルマグポーチが二つ、たったこれだけで良い気がしたのでまずはこれでサバゲーフィールドでテストしてみるつもりです。
なんかVOLKからも似たようなのが出ているようですが、裏を観てみるとクッション性が低いのが一目で分かりましたので今回は見送りました。

まず本体は1000Dナイロンを使用、MOLLE部分ですが縦3列×横6列となっております。
機動性を保つために軽量かつ最低限装備するには丁度いい気がしますね。
MOLLEベルトとウェストへの接続するベルトはマルチカム仕様となっており、高い迷彩効果が期待できます。
足装着するミルスペックのゴムバンド部分はコヨーテカラーを採用しております、サイズも調節可能。
これならレッグリグのユーザーは違和感なく使うことが出来ますね。

Padded Leg Panel2

Padded Leg Panel裏側はクッションの上からメッシュが施されており通気性を確保しております。
夏場もサバゲーする時に役立つ有難い配慮です。
クッション自体はちょっと硬めに仕上がっているので使いこんで馴染ませるしかありません。

Padded Leg Panel3

ウェストへの接続するベルトは末端がベルクロしようとなっておりましてMOLLEプラットホームから取り外し可能。
その人のパンツのデザインや装備するポーチの位置により自由に取り外して変更することが出来ます。
かなり自由度の高いMOLLEプラットホームに仕上がっておりますね。

使用頻度が低い装備だったり、左手で扱う装備だったり、そういうものを上手にまとめることが出来るのがこのHSGIのPadded Leg Panel。
レッグリグにはない多様性に富んだタクティカルギアとなっております。
御自身のサバゲー装備拡張を検討なさっている方は是非候補に入れてみてください♪

今年の更新はこれにて終了です、来年も皆様がよい装備品に恵まれますように(≧∀≦*)

TMC クリス コスタ COSTAモデル レッグリグ BKTMC クリス コスタ COSTAモデル レッグリグ BK

TMC
新品:4,980円
Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト

category: サバゲー装備品

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/398-3739e3c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)