Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

フレンチアクションムービー「孤高の天才スナイパー(原題:COLT45)」レビュー 



フレンチアクションムービー「孤高の天才スナイパー(原題:COLT45)」を拝見しましたのでレビューします。
この映画は若手俳優をイマノル・ペルセを主演に起用した作品なんですが、ちょっと可愛い俳優が出てくるってだけのナンパな作品ではございません。
全編を通してミリタリーファンが引くぐらいのコンバットシューティングの要素が含まれております!
それもそのはず、「コラテラル」や「マイアミバイス」などマイケル・マン作品で御馴染の元SAS隊員ミック・グールド(Mick Gould)がコンバットアドバイザー&チョイ役で参加しているんです。
銃火器もPGMウルティマ・ラティオやパラオーディナンスPara1911SSPなどマニアックな銃火器も沢山出てくるんでフランス映画に馴染の無いミリタリーマニアな方にも十分に楽しんで頂ける内容となっております。

警察学校でしがない射撃教官兼銃器係を務める青年ヴァンサン・ミレス(イマノル・ペルセ)、亡き父の親友に育てられながら射撃の世界大会で優勝を果たし様々な所からスカウトされる存在になる。
そんなある日、彼は戦術支援部に異動してきたばかりの元SWATミロ・カルデナ(ジョーイ・スタール)とシューティングレンジで知り合い意気投合することに。
ミロに心を許してしまったヴァンサンは自身で開発した衝撃で破裂し防弾着を破裂させる45AUTO特殊弾丸“ミョルニル”を見せてしまう。
ミョルニルをなんとしても手に入れようとミロはヴァンサンを罠にはめ、ヴァンサンは殺人と死体遺棄に手を染めてしまう。
ミロに弱みを握られ意気消沈している所に父の親友であるクリスチャン(ジェラール・ランヴァン)から強盗殺人の捜査協力依頼が来る。
犯行現場に到着したヴァンサンの目に入ったのはミロに渡したはずのミョルニルの薬莢であったというストーリー。

汚職に手を染めた若い警官が辿る転落を描いたポリティカルサスペンスなのですが、アクション要素も大変強く結末まで飽きさせてくれませんでした。
なにより主演のイマノル・ペルセがかなりコンバットシューティング技術をものにしてくれていたので、ミリタリーファンにありがちなアクションシーンのツッコミもほぼありませんでした。
まあ、意味も無くトリガーに指掛かりっぱなしていうのはどうかと思いましたけどwww
セリフも中々マニアックなものが多く、「ビーバーテールを変更した」とか「3ホールトリガーに」とか出てくるので一般の人が聞いても分からないでしょうね(ノД`;)
物語のラストになぜミロがヴァンサンに近づいたのかというオチもちゃんと用意されていて、ただのアクション映画にしてしまわないというところが嬉しいところです。

コルト45/孤高の天才スナイパー [DVD]コルト45/孤高の天才スナイパー [DVD]

イマノル・ペルセ,ジェラール・ランヴァン,ジョーイ・スタール,シモン・アブカリアン,アリス・タグリオーニ,ファブリス・ドゥ・ヴェルツ

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
新品:3,118円

Amazonで詳しく見る

関連記事
スポンサーサイト

category: アクション映画、ミリタリー映画

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/438-4c9866b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)