Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

J・W・Smith タクティカルフォルダーレビュー 

J・W・Smith タクティカルフォルダー1

J・W・Smith タクティカルフォルダーを入手しましたのでレビューします。
前から気になっていたアメリカのタクティカルナイフ業界で結構人気のナイフ作家さんなんですけど、今回海外のナイフショップから一本個人輸入いたしました。
日本国内ではアウトドアクラブさんとかで取り扱いがあったと思います。
ウォーレン・トーマスやミック・ストライダーと比べると日本ではマイナーなカスタムナイフメイカーさんなんですが、素通りするには大変勿体ない方です。

今回手に入れたのはブレードにCPM154、ハンドルはブルーG10、ボルスターはチタンで出来たタクティカルフォルダーとなっております。
細部まで作りこまれており、カスタムナイフファンを自称する人には是非一度手にとって頂きたいナイフなんです!
オススメしたい最大の理由と申しますのがナイフの開閉にあります、よく出来たタクティカルフォルダーを表現をするときにカッチリしていると比喩することがありますが、このナイフはその域にありません。
ブレードがスーッと動くんです、開けたり閉めたりしていてすごく心地いいんですよね!
色々なカスタムフォルダー持っておりますが、群を抜いてスムースな可動を体験できます。
たまたま当たりの一本だったのかもしれませんけどね。

J・W・Smith タクティカルフォルダー3

ロックはライナーロック、エマーソンに慣れ親しんでいる方には違和感無く使用できると思います。
G10ハンドルですが、これも今までにない感触です。
手に吸いつくような感じなんですよね、触ると柔らかいといった印象です。
G10なんで硬質でソリッドな印象を持つ方も多いと思うんですけど、他とはかなり違うんですよ。
滑らかで握り心地の良いハンドルとなっております。
反面ブレードは特に表面処理などはされておりません。
味気ないと言えばそれまでなんですけどね。

J・W・Smith タクティカルフォルダー2

クリップは付け替え不可ですので利き手を選んでしまうかもしれません。
J・W・Smithのナイフは最新素材を使っている訳ではないし、独自の機能を持っている訳でもありません。
しかしスペックデータに表れないところにこのナイフの魅力があるんですよね。
何と申しますかモノづくりの本質みたいなものが垣間見えるナイフです。
ファクトリーナイフばかりに目を向けているとなかなか御目にかかれないと思うんです。
ミリタリーやタクティカルと言ったものから少し離れてみると、意外な一本に出会うことができるかもしれませんよ♪

年鑑ナイフマガジン 2015: ワールドムック年鑑ナイフマガジン 2015: ワールドムック


ワールド・フオト・プレス 2015-07-06
新品:2,800円

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト

category: タクティカルナイフ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/440-33d0a488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)