Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

イラク過激派と孤立したポーランド部隊との戦闘を描いた映画『4デイズ・イン・イラク』レビュー 



イラク過激派と孤立したポーランド部隊との戦闘を描いた映画『4デイズ・イン・イラク』のDVDを拝見したレビュー記事です。
監督クシシュトフ・ウカシェビッチ、出演バルトーミェイ・トパアントニー・クロリコフスキミハウ・ジュラフスキなど。
12/2に発売、レンタルが開始されたばかりの戦争映画なんですが、いわゆるB級映画にカテゴライズされてしまっている悲しい作品。
アルバトロスのMDGP(モーストデンジャラスシネマグランプリ)にも選ばれており、ポーランド版「13時間」って感じの作品なんですが、結構クオリティの高い作品です。


2004年4月のイラク、反シーア派と平和維持軍との攻防が続いており多くの兵士が犠牲になっていた。
ポーランド軍カリツキ大尉率いる40名の兵士とイラク軍は反シーア派が狙うカルバラシティホールを防衛の任務に就くことに。
しかし反シーア派民兵の攻撃を恐れイラク兵がカルバラシティホールから逃亡、40名のポーランド軍だけでその場を死守することになる。
「カルバラシティホールの戦い」と呼ばれる実際にあった事件を描いた作品。


映画「13時間」同様に実話をもとに描かれたノンフィクション戦争映画。
弾薬が底をついたり、未成年を攻撃してしまったり、民間人を盾に取られたりと様々な問題に晒されるポーランド軍の苦悩とそれを克服する姿が描かれております。
銃撃戦は大変迫力があり、なんといっても実銃を使って撮影しているのが大きなポイントです。
映画のエンディングだけ銃撃戦があるっていうケチ臭さもなく、ガッツリ火花を散らしております。
予算の掛け方的には「13時間」に劣ってしまうので若干こじんまりした作品になってしまっているものの、B級映画と決めつけて手を出さないのはもったいない作品でした。
サバゲーマニアは観賞して正解だと思います。(装備の好みはあるんでしょうけどね)

4デイズ・イン・イラク [DVD]4デイズ・イン・イラク [DVD]

バルトーミェイ・トパ,アントニー・クロリコウスキー,フリスト・ショポフ,アシーア・アデル,ミハウ・ジュラフスキ,クシシュトフ・ウカシェヴィッチ

ニューセレクト
新品:3,855円

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト

category: アクション映画、ミリタリー映画

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/565-fdffe6c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)