Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

弐瓶勉が描く新作アドベンチャー「人形の国(シリウスKC)」5/9発売 

人形の国


BLAME、バイオメガ、シドニアの騎士などなど様々なSFアクションを手掛けてきた弐瓶勉の新作アドベンチャー「人形の国1(シリウスKC)」が5/9に発売されます。
月刊少年シリウス4月号(講談社)にて連載されていた「人形の国」待望の単行本化です。

人形の国は遺跡層におおわれた直径12万キロメートルの巨大人工天体「アポシムズ」を舞台にしたSF作品。
極寒の地表で食料採取と戦闘訓練に努めるエオ、ビコ、シオ、エスローが遺跡層を探索していたところ、身体が徐々に人形になり自我がなくなる「人形病」に侵された少女と遭遇するというお話。

本作「人形の国」はなんと以外にも弐瓶勉初の少年誌での連載だそうです。
青年が読んでもなかなか難しいSF設定のある二瓶勉の作品、「人形の国」を通して昨今のティーンネイジャーとどう接していくのか愉しみでもあります。
また公開を控えている劇場版「BLAME」の書き下ろし資料集も準備中とのこと、弐瓶勉ファンは何かと忙しくなりそうです。

人形の国(1) (シリウスKC)人形の国(1) (シリウスKC)

弐瓶 勉
講談社 2017-05-09
新品:648円

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト

category: ミリタリー漫画、戦術書籍

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/603-9066bea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)