Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

ナイフレビュー 「FOX社バスティネリ Akeronイノセント」 

FOX バスティネリ1

今回のナイフレビューはイタリアのナイフメーカーFOX社のバスティネリ Akeronイノセントです。
バスティネリ イノセントはフランス人ナイフデザイナーのBastien Bastinelli氏が手掛けたプッシュナイフ。
薄く、小さく、そして軽い、EDCやコンシールメントに適したナイフとなっております。

FOX バスティネリ2

今回チョイスしたのはブラックPVDコートバージョン。
他にもストーンウォッシュタイプがございますが防錆とか考えるとやっぱりこっちかな?
ハンドルはタクティカルナイフでおなじみのG10。
ブレードの材質はN690co、エクストレマラティオでも採用している防錆性の高い鋼材です。
全長90ミリ、刃渡り45ミリ、重さ27グラム、イタリア製。

FOX バスティネリ3

シースはカイデックス製。
ベルトクリップがついているためベルトへの着脱が容易に行えます。
好みによりテックロックに付け替えても面白いかもしれませんね。
パラコードを通してネックナイフにしても面白いかも♪

実はこのシースのデザインが今回このバスティネリ Akeronイノセントを購入した最大の理由だったりします。
ハンドルを引き抜く際にシースが指に干渉し辛いんです。
プッシュナイフまたはプッシュダガータイプのシースって抜くときにシースに指が干渉してしまいナイフを摘まむようにして抜くタイプが多いんですよね。
しっかり保持できないからナイフを落とす可能性が高いし、グローブつけていたらナイフをリリースし辛いという欠点があり、あまりこの手のナイフは手を出さなかったんです。
このバスティネリ イノセントのシースは鯉口の両側がえぐるようにデザインされているため、指が鑑賞し辛くナイフをしっかり指で保持しながらリリースできる特徴があります。
タクティカルナイフを選ぶ時の一つの基準が速攻性だと思いますが、このナイフならしっかりナイフを握りながらかつ素早いリリースが期待できます。

FOX バスティネリ4

実際に握ってみるとこんな感じです。
FOX社のナイフ手に入れたの初めてなんですが、ブレードの処理もハンドルやシースの加工も大変よく出来ております。
ナイフ自体もハンドルが手になじみやすく、癖無く握ることができるので扱いやすい刃物と言えるのではないでしょうか!?
サイズ感的にも女性におススメできるナイフですよ。



関連記事
スポンサーサイト

category: タクティカルナイフ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/628-1330ffc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)