Admin New entry Up load All archives

サバゲー装備レビューブログ

サバゲー装備品やミリタリー映画を初心者の目線でレビューするタクティカルな戦略ブログです。

エマーソン社(Emerson knives)フォールディングナイフP-SARK 

エマーソン(Emerson knives)のフォールディングナイフP-SARKをレビューいたします。

P-SARK1

警察やレスキューにも納入されているコチラのP-SARK、猛禽類の爪のような出で立ちとは裏腹に道具としてもしっかり機能してくれるナイフとなっております。
私の場合、切る・突く・叩く・削る・こじ開けるが出来ないナイフは購入いたしません。
武器としてならいくらでも適したナイフはありますが、実戦で格闘用にナイフを利用するのは稀なこと。
道具として利用できないナイフは持っているだけ無駄なんです!
その点P-SARKはかなり優秀なナイフと言えます♪
フック上のブレードはロープやシートベルトを切るのに適しておりますので、雨の日のロープ切断や事故現場で車に残されたドライバーの救出もできます。
実際の事例では米国軍将校キース・ヘンダーソン氏が交通事故に出くわした際、横転した車の後部座席から子供を救出するのに利用したのがこのナイフだそうです。
この事故の対応に当たっていた消防士のベルトカッターではシートベルトは切断できなかったらしく、ヘンダーソン氏のP-SARKをお借りしたんだとか。

P-SARK2

マテリアルはレギュラーのエマーソンのナイフ同様154cmとチタンライナー、G10グリップを採用。
刃渡りは90mmとそこそこ長めに設定されております。
グリップのデザインは同社CQC-10やCQC-15と同じデザインとなっておりますので、それらのユーザーが持っても使いやすいのではないかと思います。

P-SARK3

裏を向けた状態でマイクロコマンダーと比較してみました。
マイクロコマンダーになれてしまうと、EDCはちょっと難しいかもしれませんね。
とはいえ別に重いナイフでもないのでサイズが気になる程度だと思います。
P-SARKは片面加工されております、エマーソン社の主張ではこの方が刃がこぼれにくいんだそうですよ。

さてこのナイフ、以前2008年6月号KNiFEマガジンにおいてストライダーDBで御馴染の元警官デロ・ボゥキィ(Darryl Bolke)さんが最初に自分のチームに採用したナイフとしてミリタリーマニアにも良く知られているナイフではないかと思います。
現在ではデロ・ボゥキィ氏を筆頭に多くのポリスオフィサーがP-SARKのレッスンに励んでいるようです。

エマーソン P-SARK-BTS サーク ポイントブレード
定価:¥ 32,550
新品最安価格:19%OFF ¥ 26,040 (1店出品)
在庫:在庫有り
売上ランク:213584位
メーカー:EMERSON/エマーソン
概要:生産国:U.S.A ブレード:黒 ハンドル:黒 半波 クリップ付


■Emerson knives関連記事■
エマーソン(Emerson knives)ネックナイフ、チタン製ラ・グリフ
Emerson knives新作ウォレット近日発売
エマーソン社(Emerson knives)フォールディングナイフ「CQC-7V」
関連記事
スポンサーサイト

category: タクティカルナイフ

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tacticalblog.blog.fc2.com/tb.php/76-4d58a065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)